スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ロシアっぽくない町

カテゴリー: 建築

以前も書いたカリーニングラードこの前行ってからもう4年も経ったのね・・・と若干の感慨深さを感じながら今回書いているのである(笑)

相変わらずロシアっぽくない町だよ。何かオランダの運河をイメージさせる感じの風景。いや、あくまでわたしの頭の中でのイメージなので深く突っ込まないこと。
P3290019.jpg

こんなカワイイ建物は他のロシアの街じゃお目にかかれませんわな。さすが第2次大戦が終わるまではドイツ領だっただけはある。
0821 004   0821 003   

しかし建築様式は違っても看板はキリル文字なので、やはりここはロシアと思わされるのである。
0821 002

前回の出張では空き時間に琥珀博物館に行ってきたのだが、今回はその時に中を見られなかったカント大聖堂を除いてきたのである。
P3290042.jpg

この建築様式はゴシック?いずrねいしてもロシア正教徒は全く違う形の教会である。
P3290020.jpg

橋を渡って右手の角にあるのがカントの墓所。柱が建っているところですね。
P3290021.jpg

実はこの教会、修復されて20年ほどしかたっていないという。ソ連が崩壊する92年まではご覧のような見るも無残な有様だったとか。第2次大戦で破壊されてそのままソ連時代はずっと放置だったんですな・・・。
P3290039.jpg   P3290040.jpg

この教会、現在はコンサートホールと博物館として使われている。中身は意見は次回のエントリで!


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/782-1bd41ed3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。