スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ロシアにおけるバレンタインデー

カテゴリー: 地元の暮らし

明日は2月の14日。日本ではバレンタインデーという男性にとっては悲喜こもごもが垣間見られる行事があるそうですね←すっかりそんな行事は忘れた人。本日のお題はバレンタインに関するものなぞ。

ロシアはキリスト教圏ではあるが、カトリックなどの西方教会とは異なる東方正教会の一派である。カレンダーもカトリックとは違うものを使うので、クリスマスが1月7日だったりする。

それでも近年は近代合理主義の賜物・・・ではなくヨーロッパ文化の流入により宗教行事としてではない、ある種日本的な商業的意味合いの強い行事として12月25日というものは定着しつつある。

そんな中、数年前からこれも『商業的』な事例としてバレンタイン・デーが目立つようになってきた。先日某カフェに行ったところこんなチラシが・・・
0103 017

「2月14日は愛を語る日!こんなお菓子を用意しました。Три Аморе(トゥリー・アモーレ)」・・・ロシア語とイタリア語?が混じってますが三つの愛ということかな、と。

間違っても三本のアムール川などと思ってはいけません。私のように・・・ (ーー;)

ちなみにこれを見たのはネフスキー大通りにピーテル2号店ができたヴォルコンスキーであります。相変わらず商売上手。
0103 005

Confectionery shop and Cafe "Volkonskii" on the Nevskii Prospekt

大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

南の国

URL | [ 編集 ] 2012/02/16(木) 12:10:25

初めまして。昨年の8月-9月の間、約3週間をサンクトで過ごしました南の国といいます。
平日は一人でブラブラと色々回りましたがずっと行きたかった場所だけにとても気に入りました。駐在でもやっていける!と確信したくらい住みたいと思った街でした。また時々寄らせてください。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2012/02/18(土) 16:55:46

南の国さん

コメントありがとうございます m(_ _)m

こういう街で暮らすことができるのは最初で最後でしょうね。

その意味では、この街に住む一日一日をもっと大事にしてもよいのかなと思ったりもします。もっとも、来た頃は買い物などでそれなりの不便もありましたし、今でもいろいろ頭に来ることもありますが・・・

一生住みたいかは別として、駐在なら問題ないと思います(笑)











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/773-8de988d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。