スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ロシア美術の宝庫といえば

カテゴリー: ロシア美術館

やはりロシア美術館でしょう。もちろんモスクワのトレチャコフも好きなのだが、ピーテルといえばやはりロシア美術館。

エルミタージュにある世界的名作もよいが、ロシアの画家もあなどれない。個人的には、ロシア絵画のほうが「ああ、こういう風景あるある」的な親近感が湧きやすい。

たとえばこういう雲とか
DSC00319.jpg

こういう田園風景とか
DSC00320.jpg

はたまたもの寂しげな冬景色とか
DSC00317.jpg

どれもどこかで見たような気がする。

エルミタージュほど込みあっていないのもポイント。ちなみに、労働許可証許可証や駐在員証を持っている人は日本人でもロシア人料金(120ルーブル)で入場可能。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ありょんか

URL | [ 編集 ] 2008/04/24(木) 16:38:31

ロシア美術館、とてもよかったです!絵画的にはエルミタージュよりも印象に残りました。風景画に素晴らしいものが多いですよね。カタログも買いましたが、表紙がマレーヴィッチなのがまたよかったです。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2008/04/25(金) 06:44:36

ありょんかさん
あ、アバンギャルドがお好きですか。私はもう少し手前時代ののモデルンが好みです。写真撮りだめしてきたので、ロシア美術館シリーズは不定期でしばらく続きます(笑)。

URL | [ 編集 ] 2008/05/11(日) 22:43:32

日本で見たアイヴァゾフスキーの「天地創造」に深い衝撃を受けて、ロシア美術館に行きました。天地創造はたぶんまだ日本に出稼ぎ中だと思いますが、アイヴァゾフスキーの海の絵、本当にすばらしかったです。
一階の隅っこの部屋にあった骸骨シリーズも面白かったです。別室で音楽付きでちょっとしたドキュメンタリー仕立てに紹介していて、そこで休憩してました。
撮りだめロシア美術館シリーズ、楽しみにしています。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2008/05/12(月) 02:49:12

すさん
ロシア美術館のものが日本に行っているとは知りませんでした。アイヴァゾフスキーは私も好きです。不定期ロシア美術館シリーズ、明日あたりから始めます ^^;











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/75-60551eb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。