スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

白夜の夜-跳橋の風景

カテゴリー: 観光

普段この町に暮らしていて、特に夏になるとイヤというほど感じさせられること、それはこの町が「観光都市である」こと。

観光客は増える、空港は混む、目抜き通りは夜遅くまで人通りが絶えない、そして夜中になってもウチの前の通りを馬車がパカポコ通る・・・・。

そんな観光都市であることをいやがうえでも思い知らせてくれる光景の一つに、夜中に跳ね橋が上がるというものがある。ネバ皮を大型船が航行するため、川に架かる橋を深夜、順次開け閉めしているのだ。その風景は観光ガイドなどでもよく紹介される。

で、わたくし、実はピーテルに来て4度目の夏になるが、今まで一度も夜中の跳ね橋を見に行ったことがない ^^;

何やってんでしょうねぇ、全く。実は過去にも同様の経験をしており、学生時代に4年間いた北陸某都市にある「妙立寺」なるところ、ほぼ毎日前を通っていたものの結局行かずじまい・・・・という経験もあるのだ。

それはさておき、先週はほぼ一週間雨が不入り続きでじめじめしていたピーテルだが、昨日から要約晴れ始め、夜には大きなお月さまが夜空を照らすほどの好天となった。

普段別に見に行く気にもならない跳ね橋だったが、なぜか昨日は無性に身に行きたくなり、午前1時過ぎ、夜中だというのにのこのこと出かけてみたのである。

・・・・・・・・・・・すごい人です。バスも、タクシーも。写真取り損ねたけど。

で、肝心の橋の様子ですが、こんな感じです。これはエルミタージュそばの宮殿橋の風景。
P6280175.jpg

繰り返しますが、午前1時過ぎです。フォトショも使ってません ^^;

近づくとこんな感じ。場所によっては開いた欄干の向こう側にペトロパブロフスク要塞やテレビ等を望むことができる。しかし、良い場所は船上クラブの船が陣取っていて、どんぴしゃな構図はなかなか取れないのだ。
P6280173.jpg

反対側から灯台方面をみるとこんな感じ。
P6280178.jpg

近くにあるペトロパブロフスク要塞、エルミタージュ側から見るとまさに夕日が沈む方向にある。
P6280151.jpg

白夜の時期は一晩中こんな感じ。日没が11時半ごろだからね。で、日の出は4時半ごろ・・・・と。

こういう写真をもっと取りたいのだが、白夜の時期、雲がない夜、かつ翌日の仕事があると夜更かしはシンドイ・・・・ということで、なかなかままならないのが残念なのだ。

宮殿橋

大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

モスソウル

URL | [ 編集 ] 2010/06/30(水) 23:08:17

夜中なのに橋の上がった明るいショット、拝見しました。ついに撮れたんですね。
船上クラブの船とか他の人も繰り出す状況なのですね。
日本では体験できない白夜の光景。そして昼間は橋が跳ね上がらない事も条件ですね。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/07/02(金) 05:27:01

モスソウルさん

なかなか撮る機会もなかったのですが、ようやく念願叶った(?)と申しましょうか(笑)。
この時期は日本の屋形船のような宴会船や、夜中の挙がった跳ね橋めぐりの船も出るようです。この町で暮らすのはもうないと思いますので、結構貴重な体験をしていると思います。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/616-9fac2878
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。