スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

バッテリーが死にまして、ついでに風邪もひきまして

カテゴリー: 地元の暮らし

先週の土曜日、ツレと食事をして車に戻ったら、キーを回してもうんともすんとも言わない。セルさえも回らない。おっかしーなー、ランプ点けっぱなしにしといたわけでもないのに・・・・と思ってしばらく寒い車内で時間を過ごし、またキーをまわしてみたが事態は変わらず。

仕方ない。自動車救出サービス(・・・・っていうのかJAFみたいなもの)を呼ぶか。・・・・しかし電話番号がわからない orz

ということで、会社のロシア人スタッフに「いや~土曜の夜にすまん。調べてもらえんかしら」と電話。ホンマすいません。ほどなくSMSで電話番号が来て、そこに掛けてみた。 → Автоклуб A24

オペレーター嬢曰く、「1時間半待てる?」・・・・待つしかないでしょ。路駐してるんだから明日まで置きっぱなしできんでしょ。ということで、救出者が来るのを待つことに。しかし、上がってきたとはいえ気温はまだマイナス5~10度の間。時間は夜。風も結構強い。

途中カフェに退避していたとはいうものの、作業の時の立会やらその他小さなトラブルなどで結構な時間寒風吹きすさぶ中立っているハメに陥ったのである。結構吹きっ晒しで立っていたおかげで、日曜には何ともなかったものの、月曜に風邪ひきました。

・・・・一日置いて風邪ひくって、筋肉痛じゃあるまいし、ねぇ。

しかし、JAFみたいなサービスがあってよかった。年会費3,900ルーブル(約1万2,000円)なら2回レッカー呼んだら元が取れる勘定なので、入っといて損はないかも。

日本だとなかなか思わないのだが、クルマは本来壊れるものなのだ。

とはいえ、「○○(車種)+バッテリー+突然死」でぐぐると結構ヒットして笑った。ヨーロッパ車のバッテリーって弱いのね。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

モスソウル

URL | [ 編集 ] 2010/02/03(水) 12:52:08

災難はいつ来るかわかりませんね。
モスクワでは寒い冬に車のトラブル来ないように、といつも祈っていました。
駐在時代は、今は逆風ながらトヨタのバッテリーはokでした。事故には会いましたが。
それにしてもレスキューが来て解決してくれた所までは幸いですよね。
東京も月曜に2年ぶり雪が積もりましたが、風邪お大事に!

りり

URL | [ 編集 ] 2010/02/04(木) 15:10:26

うわ。。。大変でしたね。。。想像するだけで風邪引きそうです。。。(^^;)
この寒さじゃ、バッテリーも逝ってまうわ。。。と思いましたが、車種にも問題あり(?)なんですね。買う前には、そこまで分からない事が多いですしねぇ。。。
とにかく、風邪、お大事になさって下さいね。早く良くなります様に!

lightnhopk

URL | [ 編集 ] 2010/02/04(木) 17:20:11

初コメします。HNはライトです。
車好きで、書かずには居られませんでした^^;
大変でしたね。。。
モスクワ在住時、うちの旧ソ連車もバッテリーだけは日本製でした。遠出などでは生死の問題ですからね。
ロシアだと今はドライバッテリーが便利そう。座席の下などにも置けますし。低回転での発電容量の不足もあるかな。換装したいですね、日本製に。
以上は、東京でもすぐ逝くイタ車に乗る者の感想でした^^

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/02/05(金) 03:22:47

モスソウルさん

おかげさまで風邪は1日で回復しました ^^)
冬の運転で、郊外にでも行っていたときにこんな目にあったらシャレになりません。An24では市外にも来てくれるようですが、待っていたらいつになるか、そして料金がいくらになるか。
日本車って個人的には面白みがないと思って正直興味がないのですが、信頼性ではそれに勝るものはないと思います。


りりさん

ご心配いただきありがとうございます。原因は
車種+寒波・・・・かもですね。モスソウルさんのコメントへの返答に書いたとおり、メンテしなくても大丈夫!っていうのは日本車くらいだと思います。私のはフランス車なんですが、マフラーとかブレーキ回りとかベアリングとか結構大がかりな修理が年に1度くらい必ず舞い込んできます(苦笑)
そして今回は電気系・・・・と。


ライトさん

コメントありがとうございます。ようこそお越しくださいました。「こちら」でやり取りするのは初めてですね ^^;
確かにバッテリーだけ日本製にするっていうのはいいかもしれませんね(私は今回ドイツ製を入れましたが)。でも、「ソ連車」っていうと相当昔にロシア(or ソ連?)にいらしたんですか?セミョルカって名車ですよね(笑)。
私は日本では旧型ミニ(89年製、キャブ車)に乗っていましたので、イタ車に負けず劣らずの自信があります ^^;   ところでご存知ですか?ミニって日本の道路でロシアのと同じ走行感覚が味わえるんです(笑)

lightnhopk

URL | [ 編集 ] 2010/02/05(金) 20:43:34

えっと。。。^^; 相当昔、というか・・・、70年代(もちろん前世紀ですが^^;)に6歳から18歳までをモスクワで過ごしました。その後も遊びや仕事で短期で行ってますが。
ですから、セミョールカは私にとっては比較的新しいモデルでして。うちの車は「コペイカ」、つまりは初代VAZ2101・ジグリでした。ナンチャッテFIAT124と呼ばれてるやつです。

日本の道路での、元祖ミニによるロシア体験については・・・、乞う詳細情報^^; ゴメンナサイ。

一方、私が乗っているのはFIAT傘下の某メーカーのもの(95年式)ですが、壊れ方やプラスチック品などはジグリと同じみたいで、運転するたびにモスクワを思い出してます^^;;;

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/02/06(土) 05:24:56

ライトさん

ジグリの2101って「コペイカ」っていうんですか!勉強になりました。息の長いいわゆる「クラシカ」シリーズ(確か今作っているのはセミョルカだけ)とサマラ・シリーズ11年だか12年をもって製造中止だそうです。

ミニの乗り心地については、後でまとめて書かせてください ^^;











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/551-0dba2ac3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。