スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

冬の夜 in レストラン・マカロフ

カテゴリー:

ロシアの家庭料理、という感じだった「マカロフ」。久しぶりに行ってみた。行ってみたところ・・・・結構値上がりしてました ^^; 何となくテラッサ並み。おちおち行けんようになってしまった(笑)。

量的には日本人にはちょうど良いのだが、ロシア人には物足りないかも。家庭料理から少しスノッブに路線変更か?味は相変わらず良いので、その点は問題ないのだが。

冬の時期なのでこんな季節メニューも出ている。しかしここでも赤い服だ・・・・。


今の時期、特に明かりを落とし気味にしているのか中はこんな感じ。ロシア人は薄暗いの好きだし。
DSC02151.jpg

DSC02152.jpg

落ち着いた雰囲気ではあるのだが、実は奥に子供のプレイルームがあるので、時々そこからどたばたと子供が出てくることもあるのだが。

まだまだ雪の残るピーテル。窓の外はこんな感じの雪景色。
DSC02150.jpg

近くのプレオブラジェンスキー教会も雪と霜に覆われている。露出がうまくとれず教会の方は色が飛んでしまった・・・・orz
DSC02148.jpg


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

リイチ

URL | [ 編集 ] 2010/01/17(日) 11:43:14

遅まきながら、明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

「ロシアの家庭料理」いいですね
東京に少しはロシア料理の店がありますが
「家庭」となると興味津々です。。。でも高いんですね(笑)
ロシア人にとって外食って一般的ではないと聞きました
なんでもホテルとレストランは税金が高いとか???
ピーテルは観光地ですから、それなりなんでしょうか?
過去のログに田舎に行くと、うんと物価が下がるとありましたしね。

それにしてもキッズルームとは。。。
ロシアも”サービス”に開眼してますね
ちょっと前では考えられないですが。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/01/18(月) 05:41:33

リイチさん

こちらこそ、引き続きよろしくお願いします。
東京のロシア・レストランでは、池袋のバイカルは一番普通のロシア料理の味に近かったと思っています。神保町のろしあ亭もいいのですが、あれがロシアの家庭の味かというと、やはりちょっと日本風にアレンジしているように思えます。
レストランの値段はピンキリですが、満足できる味になるとやはりそれなりの値段は覚悟しないといかんでしょう。それでも、瀟洒なレストランがずいぶん出ていますから、少なくとも都市部では外食は日常のことになりつつあるように思います。

勉学中

URL | [ 編集 ] 2010/01/18(月) 23:49:32

 最近「ニートの海外就職日記」というサイトを発見してから考え方が
ちょっと変わってきたのもあって私はロシアのサービス業が良くなることがあっても日本流のやりかたにはなって欲しくはないです・・
 なぜならお客様の立場でいられれば天国のようですが、サービスを提供する側、従業員にかわってしまうとどんな理不尽な事も受け入れ、過剰な接客サービスもいとわない、そう・・「思いやり」という言葉でごまかしつつ・ 極端なこといって申し訳ないですorz
 ですがリイチさんはどう思われるのでしょうか・・ぜひブログ内にあったこのコメントの文だけでも読んでいって欲しいです。

英語の発音の勉強にいいサイトを探してたところ、あるサイトにこのような一文が

-------------------------------------------------------
 イギリス駐在中に、日本で企業戦士をやっていた私には、職場で大きな違和感を感じていました。イギリス人が残業・休出をしないのです。朝のラッシュアワー以上に、定時のラッシュアワーが発生します。なんなんだと思った反面、自分の時間がたくさん持てるので、勉強もたくさん出来ました。といってもBBCテレビやラジオ、読書をして、いろいろな歴史的な場所を訪問したりしていた程度ですが。

イギリスの友人に、私が感じた働き方の違和感を話しました。つまり「イギリス人の担当者に納期は守れるはずだ。スケジュールを遅らせることは日本人の感覚では許されない。」というようなことを言ったと思います。

帰ってきた答えは予想しないものでした。「日本から来た友人よ。日本はあと200年学習する必要があるかも知れない。君の言っていることは我々が200年前に産業革命で国をあげて散々議論された。結局、お金や、物質の豊かさを追求すると、人間が壊れ始めることに気付いた。せっかく人間に生まれたのだから良く考えてほしい。」と言われました。

今ならば、良く理解できます。自分でも勝手に解釈して実行しています。ようやく日本でも、仕事と私生活のバランスが言われ始めていますが、学習するには、あと200年もかかるのでしょうか?

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/01/19(火) 04:31:31

勉学中さん

はじめまして。コメントありがとうございました。
ロシア人が日本流のサービスをするかというと・・・・おそらく全体的に見ればそうはならないと思います。ロシア人って基本的に自己主張が強い&あまり後先考えない身勝手ですから、理不尽なこと言う客には「なにを~っ!!」てなるのではないかと思います。
ロシアでも、客の方も最近は自分の立場の強さを自覚して結構いやなことを言うことが多いのですが、あれをまともに聞いてたら接客する方の身が持ちません。とはいえ、高めのレストランなどではうまくしあしらうというか慇懃無礼というかで、うまくやり過ごす技を身につけてきてもいるようです。
ただ、全体でみればまだまだ「偉そうな店員」の方がはるかに多いので、日本ほど極端になる必要はないにせよ、もう少し接客態度は改めてほしいものです(笑)。
それよりも、日本のモンスター・カスタマー(っていうんですか?)はどうしてしまったんでしょうね。日本人には、お互いにちょっと譲る奥ゆかしさが美徳だったと思うのですが。

リイチ

URL | [ 編集 ] 2010/01/20(水) 07:22:35

>まきのやさん
ロゴスキーとカフェロシアはおいしかったですが
なにせ本物を食べた事が無いので。。。
バイカルはサンシャインの中にあるお店ですね
機会があったら行ってみます!

>勉学中さん
個人的には”笑顔”をもらうと嬉しいですね
理不尽は論外だと思いますよ
キッズルームは日本流なんですか?
どう解釈されてコメントを求められているのか分かりませんが???
これ以上は控えたいと思います
ここはまきのやさんのブログ内ですから

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/01/21(木) 03:39:02

リイチさん

バイカルは仰る通りサンシャインの中です。
ロゴスキー、カフェロシアは行ったことがありません。本帰国した暁には試してみたいです。

さて、私に対していただいたコメントではありませんが、サービスについて。

私は、日本式のサービスは世界レベルで見れば過剰だと思いますし、あそこまでする必要はないと思います。
しかし、その一方でロシアのサービスというものを見るにつけ、「もう少し相手のこと考えて、気を使ってほしい」と思うのもまた事実なのです。
勉学中さんが心配されるように、日本ではややもすると客でいればすべてが許されるような感じも一部あるかもしれません。ロシアでもそういった「勘違いした客」はいます。しかし、全体を平均してみれば、ロシアのサービスのレベルはまだまだで、もう少し努力してもらいたいな、というのが個人的な感想です。

潜熱ながらまとめさせていただけば ^^; 日本式のサービスをそのまま持ち込む必要はないが日本人的「気遣い」は少しはとりいれてほしい、という感じでしょうか。

勉学中

URL | [ 編集 ] 2010/01/22(金) 23:21:54

 まきのやさん
ありがとうございます!
まさかブログ主さん本人が代弁していただけるとは思ってもみなかったです!

 リイチさん
私は 「サービス」に開眼というところでちょっと気になりました。
 自分だったらサービスは少し良くなったんだなと思っても
もし自分が日本と海外を比べて日本流のサービスが当然の行為だと
思っていたらおそらくそう書き込んでたのではないだろうかと思ったしだいです。


 私はキッズルームは確かに日本には銀行でもカフェでもどこでも
所々設置してる店舗はありますが、キッズルーム=日本流とは全く書き込んでいませんし、思ってもいません。・・攻撃的な文になってすみませんorz

 サービス関係の文の後にちゃんと200年後のイギリスと日本の労働環境についての駐在員の方とイギリス人の同僚の方との対談をのせているはずです

 私もこれっきりにして、まきのやさんに迷惑がかかるので書き込みはしません。
 
 ただ私はサービス+料理+設備などの質によるものは日本のように極端にならず、比例していてもいいのではないかと思うのです、いくら思いやりだからって日本流じゃサービスを提供する側とされる側が入れ替わりながら交互に首を絞め合う社会じゃないかと思ったので。
(例 もし客側の人間が従業員として働き出したらどうなるか)

 私はこのブログを読んでいます。
       「ニートの海外就職日記」
 シンガポールの現地企業で就職してる人のブログです。
 リイチさんも是非読んでいってみてほしいです。
あなたと争う気はありません。おそらくあなたもこのブログを読めば私がなぜ
こういったコメントを貴方にしたか、わかってもらえるはずです。

勉学中

URL | [ 編集 ] 2010/01/22(金) 23:23:55

もうコメントしないといったのにすみませんorz
 200年後と書いてある所は200年前のイギリスという事です。
誤入力本当に申し訳ないです<(_ _)>!

リイチ

URL | [ 編集 ] 2010/01/23(土) 22:48:48

>勉学中さん
キッズルームって欧米発祥で日本が後追いしたと思ってましたけど。。。
「日本流がいい」とか「もっと日本流を取り入れたら」とも思ってないですよ
ブログのイギリス人の価値観、よく分かります
案外今の日本の若い世代は気づいてるんじゃないでしょうか?

これを書いたのはロシアvs日本じゃないんです
極々、個人的な体験です
昔アエロフロートを利用した時に
太ったおばさま(失礼!)のアテンダントに水をこぼされたんですけど
謝りもしないで、無表情でタオルを投げてよこしました
空港職員や警備員の態度も最悪でした、撃たれるかと思った
そして15年位たって再びアエロを利用したら。。。その変わりようにびっくりしました
まず飛行機がソ連製じゃない(笑)他では当たり前ですが、食事も「肉か?魚か?」って聞いてくるし
何か頼んでも終始笑顔でした、仲良くなったアテンダントと写メで盛り上がりました
これは恐らく、教育や他の国の事を知っている人だからでしょうね
キッズルームですが。。。
小さなお子さんが騒ぐと他の客に迷惑ですし、お母さんは助かるみたいですね
つまりサービスでもあり、店の合理性も兼ねている
いつの間にかロシアがそういう点を取り入れた事に「面白いな~」って思ったんです

>まきのやさん

『~少し相手のこと考えて、気を使ってほしい』
↑これ興味深いです、実際に接してるまきのやさんがそう感じるんですね
もちろん個人差はあると思いますが、国民性みたいなものですか?
また旧ソ連の国に対してちょっと高圧的な感情はありますか?
また、一般人と違って役人、警官などは横柄な人が多いとか?
ロシアに留学経験のある人からは「無愛想だけど、付き合うと情は厚い」という意見を聞いた事があります
日本人とはまた違う理由で、感情表現が下手なのかと思ってるんですけど。。。
まきのやさんのブログは、調べても分からない”体温”みたいなものが読み取れて興味深いんです。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/01/24(日) 17:49:31

勉学中さん

生き方、働き方は人ぞれぞれだと思います。そのような生き方・働き方ができる環境にあるかどうかはまた別の話ですが。
日本流のサービスが世界的に見て標準かどうかといえば、これは間違いなく違います。リイチさんもご指摘のように、最近は日本人もそれを当然と思う人ばかりではないのかもしれません。年配の方はそうでない方がまだ多く見受けられるのは事実ですが ^^;
ご紹介いただいたサイト、見てみました。ほんのさわりを読んでみただけですが、私の考えとはずいぶん違いますね。世代が違うから仕方ないのでしょうが、多分そのブログ主さんと考え方が交わることはないと思います(笑)
共感する点はありますが、対処が全然違う。世の中いろんな人がいるなぁと思う反面、海外で暮らしているとあの程度の見方・考え方の違いは日常茶飯事。少なくとも、ご紹介いただいたブログは日本語で書かれているので、数段理解しやすいです(笑)。
海外暮らしが長いからかどうかはわかりませんが、若いころに比べ自分と違った考え方の受け入れ方、また受け流し方がずいぶん柔軟になったように思います。「あなたはそう考えるんですね。でも私は別の考え。お互いそれを尊重して、基本的にはぶつからずに、でもどうしてもぶつかるときは妥協案を考えましょうね」という感じです。


リイチさん

私のブログにご評価をいただきまして、ありがとうございました m(_ _)m
ご質問の点、いろいろ思うところもあり、また横道に逸れそうな点もありますので、別の機会にブログの方で書かせていただきたいと思います。
ちょっと時間がかかると思いますので、やや気長に(笑)お待ちいただけると助かります。

シャーミン

URL | [ 編集 ] 2010/01/25(月) 13:12:38

上記やりとり、興味深く拝見しました。また、本文内のキッズルーム。こういうお部屋があると、小さい子供のいる身としてはすっごく嬉しいんですよね~。日本に比べ、こちらは、週末には子供為のイベントをやったり、キッズルームがあったりと、子連れには優しいお店が多いと感じています。
子供のお誕生日をレストランでお祝いする人も多いですよね。まぁ、誕生日の祝い方が日本と違う(誕生日の人が諸々セッティングする)というのもあるかもしれませんが・・・。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/01/26(火) 05:01:07

シャーミンさん

日本では、意識していなかったからかもしれませんが、キッズルームって見たことがなかったように思います。ただこちらの場合、子供のためなのか親がゆっくり食事したいからか分からない場合もありますが ^^;
お店によっては見張りの保母さんというかおばちゃんがいる場合もあって、そういうところは多少安心できますね。それでも、喧嘩したり転んだりで「びえ~ん」という声が聞こえてくることも時々あり・・・・なのですが。

ロシアにおけるサービス論については、私だけでなくロシアに住んだ方はどなたも何かしら言いたいことがあるでしょうから(笑)、別の機会に記事を書きますので大いに議論しましょう!











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/539-53c25cd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。