スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

正月休みの過ごし方-劇場に行く

カテゴリー: 観光

ピーテルといえば一年を通して劇場でのバレエ、オペラの公演が有名。長い正月休み、一度くらいは劇場に足を運んでみようと思ってチケットを買ってみた。

というわけでマリインスキー劇場のチケット。
P1060127.jpg

演目は本日のくるみ割り人形。やっぱり素人には分かりやすいのじゃなきゃね(笑)。
P1060128.jpg

で、チケットを買う時ふと思ったのだがなぜか今日の公演は3幕。普通は確か2幕だったのでは?

まぁ1幕多くてお得ではないかなどとのんきに構えていたら、なぜか出演者の年齢が異様に若いような気が・・・・・。何かオカシイと思いプログラムを見てみたところ・・・・どうもワガノワ・バレエ学校の生徒さんの公演だったらしい。

どうりでね。いろんな意味で納得です ^^;

内容はともかく、同じ演目でも当然といえば当然なのかもしれないが、さまざまな演出・振付があるということが分かったのである。いままでボリショイ劇場のくるみ割り人形しか見たことがなかったので。ドロッセルマイヤーおじさんっていつも杖持ってるもんだとばっかり思ってました。

マリインスキーの演出はどんなのだろう。次はマリインスキーの団員が踊っているのを見に行かねば。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

モスソウル

URL | [ 編集 ] 2010/01/07(木) 08:36:26

マリンスキーの切符、懐かしいですね。
若い生徒さんの公演、さぞ可愛かったでしょう。
Nutcrackerは何しろマリンスキー関係者がチャイコフスキーに依頼して出来た作品。貴地でできた作品を貴地で冬に観れる、なんて羨ましいですね。

たろまろのとも

URL | [ 編集 ] 2010/01/07(木) 15:56:22

まきのやさま
はじめまして。先月そちらへ一緒に行っていた、たろまろの友達です。
猛吹雪の中イサクの展望台にのぼった変な仲間です(笑)

マリインスキーのチケット見ただけで、劇場の空気が蘇ってきて胸がキュンとしました。
ロビーのクリスマスツリーはとっても素敵でしたね。
休憩が終わって暗くなった中で浮かび上がっていたツリーは幻想的でした。
ワガノワの子供たちのくるみわり、どんなにかわいかったことでしょう。

夢のようにきれいな冬のサンクトペテルブルグから成田に戻った時は、まさに魔法がとけて現実の世界に戻ってきちゃったクララの気分でした(; ;)

たろまろと私の珍道中話は山ほどあるのですが・・・それはたろまろにまかせて、私はまきのやさんのピーテル便りを楽しませて頂きますので、よろしくお願いいたします。楽しみにしています。

あぁ~また行きたぁ~い!


レフ・チャンドル

URL | [ 編集 ] 2010/01/07(木) 23:02:41

マリインスキーで「白鳥の湖」観ました。
夏の観光シーズンのせいか2番手キャストだったらしいですが、充分楽しめました。
昨年末はマリインスキーの来日公演に大散財しまして。「イワンと仔馬」最高♪
ロパートキナの「白鳥」を日本に居ながらにして観る贅沢。
「くるみ割り人形」は11月に英国ロイヤルバレエのアリーナ・コジョカル客演で観ました。彼女も元キエフ・バレエ。やはりロシアのバレエの層の厚さというか伝統は凄いですね。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/01/08(金) 19:10:52

モスソウルさん

はい、そういう贅沢ができるのがここの良いところです。芸術・音楽関係に関心がある方には素晴らしい街だと思います(私の場合は・・・・関心度50%ぐらいでしょうか。笑)


たろまろのともさん

はじめまして。ピーテルはいかがでしたでしょうか。雪の中の登頂、大変お疲れさまでした ^^;
子供たちは可愛くて良かった半面、大舞台に緊張してもう表情がカチカチ。でも、将来のプリマがあの中から出てくるのかもしれませんね。
実は券を買った時「何か安いな」と思ったのですが、こういう理由だったとプログラムを見てようやく分かりました。


レフ・チャンドルさん

日本でバレエ鑑賞とはたしかに散財ですね(笑)。でも、一度本場のバレエを見てしまうとそのレベルのものでないと物足りなくなってしまうのかもしれません。
その意味ではロシア駐在って、よく考えれば時間があればぜいたくな生活かもしれませんね(本来の意味の生活環境自体はキビシイですが・・・・)

たろまろ

URL | [ 編集 ] 2010/01/09(土) 18:01:47

ワガノワの子供達の、くるみだなんて!!最高に可愛かったことでしょう~!実はワガノワの学校を、見学したくて娘に頼んだのですよ。でもね・・追い返されたようです・・また蘇ってきました。ロパートキナのジゼルの美しかったこと・・良いお正月でしたね。そうそう、おうどんの件ですがそのあたりのスーパーでその辺にあった小麦粉で作ったと申しております。適当な答えでごめんなさ~~~い。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2010/01/10(日) 18:03:40

たろまろさん

私の場合はロシアに来て急に劇場に目覚めたふりをしているニワカですが(笑)、それでもいいものを見ていれば少しは目は肥えてくるかも、と思いつつ足を運んでいます。ロシアの子供はバレエをしている子供に限らず可愛いですね。王子様、お姫様のような舞台衣装もまた似合います。
うどんの件、わざわざご確認いただきありがとうございました。こっちは「ムカー(小麦粉)」の一言で済ませちゃいますからね。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/532-4f1fa0b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。