スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

大雪と雪かきと

カテゴリー: 地元の暮らし

前にも書いたがピーテルの雪は重い。海が近いので湿気を多く含んでいるのだ。雪質はモスクワとは大分違う。

そして雪かきも違う。モスクワの場合、雪が降るとどこからともなく「雪かき隊」が現れ、大通りのほか脇道まで結構きめ細やかに雪かきがされていたように思う。道の脇もうまく雪をかき集める機械できれいにしていくのだが、ピーテルの場合そこまで洗練されていないのである。

大通りさえきちんと雪かきされず、結構わきの方にどけておくだけ。裏道なんか一度小型ブルドーザーみたいなのがざっと通って雪を両脇によけていくだけである。

となると、路駐している車は雪かきのおかげでどんどん埋まってしまうというわけだ。いざ車を出そうという時には車の脇に積もった雪をかきださないと出られない。

結構いい車でも雪かきしないと出られない。いいカッコしたお兄さんも一生懸命なり。
DSC02108.jpg

そういえば、このあいだ埋まっていた車は無事脱出したようだ。見事に長方形に雪がない。
PC260088.jpg

私もここ2、3日、車を出すたびに雪かきの毎日。筋肉痛なのである ^^;

ところで雪かきに要なものといえば・・・・

その1 スコップ。ええ、急きょ買いましたよ。
DSC02102.jpg

その2 ブーツ。
PC260095.jpg

このブーツ、12月の初めごろウデールナヤのがらくた市で衝動買いしたのだが、大当たり。いきなり大活躍です ^^;

売ってたオッサンの話によると、カナダの技術を導入してモンゴルでつくられたものでモンゴル産のラクダの毛が云々かんぬん・・・・。はなし最後まで聞かんで帰ってきました。

「水にもそのまま入れるぜ」といっていたのだが、確かにひざ下10センチくらいまで高さがあり、水は漏れてこなさそうだし毛張りの内側は温かだし。
PC260098.jpg

ちなみに、モスクワの出張にこれ履いて行って、高さがありすぎて帰りのシェレメチェボのセキュリティチェック(荷物検査の機械)で通らずに、「こういうサパギー(ロシア語でブーツのこと)はいかんなぁ」とミリツィアのおっちゃんに笑われた。

ツレからは「ホントに使うの~?」などと疑惑の目を向けられていたのだが、十分モトはとってると思います。

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

過客

URL | [ 編集 ] 2009/12/29(火) 00:21:16

スコップじゃ重いでしょう…
雪かきにはママダンプですよ。
ご存知ですか?別名ママさんダンプ<ほぼ同じやん;
ロシアに持ってったら売れるかしらん。

レフ・チャンドル

URL | [ 編集 ] 2009/12/29(火) 00:23:07

あああ、またクッキーの食べ残しが。
上の「過客」は私です。
学習しなさい、自分。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/12/29(火) 03:25:19

レフ・チャンドルさん

なるほど、これなら腰にも負担が少なそう^^; こちらでも似たようなのを見かけました。でも数は多くないですね。
こちらで売っているのはスコップが圧倒的です。昔風なスコップは、雪が付かないための筋がなかったり、安いものによってはベニヤ板に棒を取り付けたような簡単なものだったり・・・・。取っ手のグリップがないものさえあります(箒の先っぽに板をつけたような感じです)。

モスソウル

URL | [ 編集 ] 2009/12/29(火) 13:56:58

どか雪や寒波のあとは、車通勤者には苦労の種ですね。
モスクワで車通勤している時、朝起きて窓の外を見ては慌てました。
雪が凍って、うずもれた車輪が進まない、或いは冷えてエンジンがかからない、という事態を経験していたから。
ガラスの氷が溶けないときは、ウォッカをかけたっけ。良い匂いがしてましたが。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/12/30(水) 03:45:34

モスソウルさん

ええ、その通りです・・・・。仕事納め前にどかっと振ってくれまして ^^;
ピーテルは寒さ自体は大したことはないので、2~3日放置しておいてもエンジンがかからなくなることはないようです。
モスクワの2006年初めの寒波の時には朝10分暖気して、会社帰りにも10分暖気して・・・・とやっていました。そういえば、あの時は寒さでエンジンがかからない車が多発して一時的に道路も空いていましたっけ(笑)。

たろまろ

URL | [ 編集 ] 2009/12/30(水) 11:03:06

はい!ブーツに一言です。こんなに寒いのにロシアの女の子達はミニスカートなんかで颯爽と歩いている・・・なぞが解けました。どんなにお洒落なブーツでもタウンではくのでもブーツの中には毛が生えていました。それと凍える私達の横をベビーカーに赤ちゃんを乗せていくママ達・・何もこんな凍てつく凍ったネヴァ川沿いで、幸せそうに花嫁と花婿が微笑んで記念撮影してるのは何故~~~~~

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/12/31(木) 04:16:06

たろまろさん

普段は日本で売っているワークブーツでも大丈夫なんです。私も基本はドクターマーチンスとかホーキンスでこれまで来ています。しかし、これだけ雪が降ってしかも自分である程度雪かきしないといけない場合には・・・・こういうブーツが必要ですね。
氷点下の中の赤ちゃんの散歩(でもベビーカーに冷気をよけるフードがついていたりグルグルにくるまれていませんでしたか?)や新婚さんの撮影は「お約束」ですからお気になされませんよう(笑)











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/523-5e5b08c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。