スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

モスクワは乾いた寒さ

カテゴリー: 天候

このくそ寒い中、なぜかまたモスクワですよ(笑)。

到着時の地表気温は25度だそうだ。今回は南の方にあるドモジェドボ空港へ到着する便で行ったのだが、途中上空から見るモスクワ市内も真っ白。


モスクワ川ではないが、空港近くの川はすっかり凍っている。
DSC02082.jpg

到着時の機長アナウンス、まずは英語で「え~本日はいい具合の気温でマイナス25度・・・・」と流れたもので英語がわかる乗客からはクスクス笑い声が漏れたのだが、ロシア語で聞いてみると「本日良い天気で、気温はマイナス・・・・」と言っていたので納得。変に省略するなよ ^^;

しかしながら、これだけ気温が低くても大陸性気候で乾燥しているモスクワの方がピーテルに比べて気持ちがいいのである。空気が乾いてカラっとしているのだ。

もちろん長時間外に出るならマフラーして帽子かぶって・・・・という基本装備は必要だが、手袋はちょっと油断しているとすぐにするのを忘れてしまう(とはいえ、すぐに手先が冷たくなって思い出すのだが)。ピーテルはもう手袋なしではいられません・・・・。

ピーテルの場合、海が近くて湿度が高い&風が強いことから、気温自体はモスクワより高くても体感温度はモスクワと同じか低いくらいではないかと思うのである。モスクワのロシア人も「ピーテルはモスクワより天気が悪いからねぇ、体気ぃつけてな」などと言ってくれるので、この仮説もあながち間違いではないのでは・・・・と思っている。

ただ、実際の気温の差なのかモスクワの帽子着用率は相変わらず高いですな。ピーテルが半分くらい、モスクワは90%以上?

昔は0度近くで帽子をかぶってないと、見ず知らずのおばあちゃんとかに「あんた、何やってんの。ちゃんと帽子かぶらないと病気になるよ!」と本気で怒られたことを思い出します ^^; 最近はこういうお節介を見なくなったのがちょっと寂しい。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

レフ・チャンドル

URL | [ 編集 ] 2009/12/19(土) 10:11:36

いい具合でマイナス25度、と言われましても…(笑)

ロシアに旅行したのは夏の観光シーズンだったので、冬の寒さは想像するのみです。
第二次世界大戦中は凍結したラドーガ湖の上で物資輸送したとか戦闘したとか、大昔、ナポレオン軍を敗走させたのも冬の極寒とか。
やはりロシア=冬ですよね。
外国を旅行して見ず知らずのおばちゃんに叱られたのはロシアだけですね、そういえば。
何言われてるかよくわかりませんでしたが(^^; とりあえずイズヴィニーチェで放免してもらいました。
この年齢になると他人様から叱られることは滅多にないので、なかなか新鮮な経験でした(笑)

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/12/20(日) 05:07:25

レフ・チャンドルさん

私も冬のシベリアには行った経験がなく、また自身でも30度までしか体験がありませんので、本当のロシアの寒さはどんなものなのか、きっと分かっていないのでしょう。
とはいえ、ロシアの冬は中途半端な寒さより冷えた方が美しいと思います。ダイヤモンドダストを肉眼で見たのはマイナス30度のモスクワでした・・・・。

いい意味でのお節介ですが、モスクワやピーテルでは昔に比べてぐっと少なくなった感じです。
確かに「外国人にまで」お節介なのはロシアくらいかもしれません ^^;

シャーミン

URL | [ 編集 ] 2009/12/21(月) 13:40:02

まだまだお節介オバちゃん、おばーちゃんは健在ですよ!先日、息子がスーパーでグズッた時など、このお節介ロシア人総動員でした(汗) 昨年、こちらに来たての頃は、毎日のように怒られてたし・・・。東京の下町か大阪に住んでいる気分です^^

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/12/23(水) 04:44:29

シャーミンさん

おお、そうでしたか!ピーテルではすっかり見かけなくなったように感じていました。
お節介というか、子供には特に優しいですね。日本的感覚からすると甘すぎ・・・・。

-

| [ 編集 ] 2009/12/25(金) 18:09:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/516-0cf48e24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。