スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

道の汚れと落書きと

カテゴリー: 地元の暮らし

ロシアではとくに冬、雪や雨が降ると車が汚れる。理由は道が汚れていてそれがはねるから。

道路が汚れる原因は諸説あるが、1.スパイクタイヤが多いので粉塵が舞うから、2.ガソリンの質が悪く排気ガスが汚いのでその汚れが落ちるから、3.土がむき出しのところが多いので泥が道に流れるから・・・・などというのが良く聞く答えだ。

で、長く車を洗わないと全体的にうっすらと汚れてくるのだが、この間前を走っている汚れた車を見ていたら後ろ部分の汚れのところに何か書いてある。
DSC02054.jpg

良く見てみると・・・・
DSC020541.jpg

「私を洗って」とある。まぁ確かに車も汚れたままじゃかわいそうだよなぁとは思うのである。

私の車もこういう風に書かれないうちに洗車に出そうっと ^^;


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

りり

URL | [ 編集 ] 2009/12/10(木) 23:19:04

あはは。。。これは笑える!
ロシア人も、「この車、洗えよ!」とか思うんですね~。
まぁ、この車なんてまだまだマシな汚れ方ですけどね。^^;

ミッキー

URL | [ 編集 ] 2009/12/11(金) 05:30:43

一番の原因はスパイクタイヤでしょう。なぜなら東北でも春先のアスファルトの粉塵が問題となって結局禁止になりましたから。アスファルトを削るから。汚れも酷いし。ただ、スタッドレスタイヤも凍結してると怖いてすが。それに凍結した道路がテカテカに磨かれて歩行者が滑って転倒しやすくなる欠点があるから。冬は大変ですよ。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/12/11(金) 06:39:33

りりさん

確かにまだマシな方かもしれません。冬は週に一度は洗わないときれいさは保てませんね。


ミッキーさん

町中ならスパイクでなくとも十分なのですが、ロシア人のスパイク信仰は結構強いようです。粉塵が出るということはアスファルトが削れるということ。しかし削れたからといってすぐに溝を埋めるわけでもない。
ということで、春になるとピーテルの道路は「轍」ができて波打つのです。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/509-fbd61f86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。