スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

絵葉書道楽

カテゴリー: 買い物

普段は観光客がパチパチ写真を撮りまくる観光名所のスモリヌィで、アンティーク見本市をやっていると聞いて行ってみた。

これが会場。ええ、見本市の、です。
PB080085.jpg

ホンマかいな(笑)と思いつつも、時々コンサートホールとしても使っているようなので、まぁやってるんだろうなと入ってみる。ちなみに入場料は60ルーブル也。安(笑)。

中はこんな感じで、(礼拝に使っていないとはいえ)教会の白壁とのミスマッチが何とも言えず・・・・いや、以外と白と青のコントラストで合っている?
PB080086.jpg

今日が最終日ということで結構な人でである。
PB080080.jpg

普段趣味らしい趣味もないわたくしですが、古い絵葉書が好きなんですなぁ。で、金曜に来たツレに「いっぱいあったよ」と吹き込まれ、のこのこやってきたのである。絵葉書外にはコイン・古銭、旧紙幣、切手、なども大量に出ている。で、わたくしの買い物ですが・・・・

獲物その1:ビョーム
PB080089.jpg

子供の絵が可愛いのでこれまでも見かけるたびに買っていたのだが・・・・会場ではもうあふれまくり。どうも相当大量に刷ったらしい&コレクターアイテムとしては基本中の基本らしく、全部そろえようなどとはとても思えない多さ。コンプは無理やね、ということで早々にあきらめました。これからはカタログに載ってないやつで気に入ったのを買うようにしよう。

獲物その2:ビリビン
PB080090.jpg

モデルンロシア式アール・ヌーボー)の時代の作家。画家というよりはイラストレーター。絵葉書の中では一番好きな作風。しかしなかなか出ないんだよなぁ。

獲物その3:ザボルキン
PB080088.jpg

似たような画風で好きなのだ。

獲物その4:ウラジーミロフ
PB080091.jpg

どんな作家なのかわからないまま買ってしまったら、一応絵葉書のアルバムにも載っていた。結構有名なのかも。ということで、要研究ですな。

対して広くもない会場なのだが、気がつくと休憩入れて4時間も歩きまわっていた。我ながら「絵葉書好きだったのね」と再認識したのである。

しかし、よく考えると入場料とギャップが大きいモノばっかり並んでるよなぁ。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

Yut

URL | [ 編集 ] 2009/11/09(月) 12:19:46

あ、ここ外側だけ見ました。
普通の教会だと思ってましたが中の写真も撮れるんですね。
こんなところで市場が開かれるのは面白そうです

りり

URL | [ 編集 ] 2009/11/09(月) 17:36:20

ロシアのイラスト(と、言っては失礼な程の品ですが)って、結構好きです。西ヨーロッパって宗教画が多いけど、ロシアは日常とかお話の一場面とか森の風景とか多いですよね。ここに乗ってるハガキも、とってもキレイですよね。(獲物その2が特に好みです)
先日友達にイラストの書いた封筒(普通に郵便局で売っている封筒らしいですが)をもらったのですが、そんなモノでもとってもステキでした。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/11/10(火) 06:32:27

Yutさん

ここは実際に教会として使われてはおらず、時々コンサートなどが開かれるようです。祭壇ではなくステージになってました。コンサートだの見本市だの、まるで多目的ホールみたいですね。

りりさん

そうそう、まさにそんなイラストが多いんです。ロシアの民話を題材にしたもの、ロシアの田舎の風景をデフォルメしたもの、私も大好きです。

古い絵葉書は、旧アルバート通りほかにある古書店(ブキニスト)やイズマイロボで「スターリー・アトゥクリートゥキ!ビリビン!」といえば分ってくれますよきっと。でもモスクワだとお値段は・・・・・黙っちゃうかも、です ^^;











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/490-16271bb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。