スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

説明不足の料理

カテゴリー:

この頃足しげく通うようになった韓国飯の「ミガ」。ユッケビビンバのみならず、結構変わった料理が多いのでつい足が向いてしまう。しかし、時には変わったのを頼んで失敗することもあるのである。

今回頼んだのはメニューのロシア語によると「牛のソーセージと米の棒の野菜炒め」とある。「米の棒」とは、トッポギのこと。これ好物なんだよね、ということで早速注文。しかしこれが悲劇の始まりだったとは知る由もなかったのである。

しばらく待たされ出てきた料理がこれ。う、想像より量が多い。中身も何か変。


よくよく見ると・・・・内臓だ!センマイ、ハチノスがある。奥のほうのぷよぷよしたのは腸だな。
DSC01960.jpg

ソーセージも入ってはいるのだが・・・・確かに腸詰のことをソーセージとは言うはなぁ。だけど腸の中に春雨が入ったものが出てくるとは普通思わんやろ・・・・。味も結構癖あるし。

ゲテモノ好きのわたくしなので何とか平らげられたことは平らげられたのであるが、最後は結構しんどかったなぁ。メニューの説明じゃ、偽りとはいわんが外国人(ロシア人含む)にゃ分らん、というか誤解を生じるね。

せめて「内臓」という単語を入れておいてほしいものである。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

Yut

URL | [ 編集 ] 2009/11/05(木) 09:46:37

あぁぁ・・・・何ナノやコンなのが食べられるなんてちょっと尊敬します

韓国料理はわかりませんがロシアの市場で豚の頭が並んでいたり、牛がヒドイことになってたり、鳥がナマで丸裸なのを見てちょっと食欲が失せる日本人な自分です。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/11/06(金) 07:49:41

Yutさん

ロシアの市場ってワイルドですよねぇ。もうずいぶん慣れてしまいましたが(苦笑)、最初このころはぎょっとしました。
昔のことですが、市場でも内臓を買ったことがありました。そしたら売り子が「それ、どうやって食べるの」と聞くですよ・・・・。自分も使い方を知らんものを売るな、と思うんですけれどね。どうなんでしょう?

ミッキー

URL | [ 編集 ] 2009/11/06(金) 10:55:08

ベトナムの市場よりマシかも。皮を剥がれたウサギが沢山吊り下がってた。と、思ってたら店の人が笑いながら猫だよと言われてびっくりしました。猫好きな私はショックでしたわ!猫肉を食べる国もあるんですね。世界は広いとおもいました。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/11/07(土) 13:54:36

ミッキーさん

ウサギはこの国でも結構売っております。大量に釣り下がるほどではありませんが・・・・。
世界では色々な生き物を食べますよね。犬猫もそうですが、日本の食文化も外国人から見たら奇妙なものがあるかもしれませんね。

詰まるところ、人はすべからく罪深い生き物・・・・ということでしょうか。

ミッキー

URL | [ 編集 ] 2009/11/07(土) 18:03:22

私の書き込みで不快な思いをしたら心よりお詫び申し上げます。ただ、少年時代にテレビでアフリカのニュースを見たときバッタの異常発生で農作物が荒され農民がバッタを取りながら食べていたのを見てびっくりしたわけです。なんて貧しく野蛮かなと。日本では虫なんか食べないから。大人になって職場の同僚が信州に旅行したとき土産にイナゴの佃煮を持ってきたとき驚きましたね。日本でもバッタを食べてたことに。だから他国の食文化を安易に批判する人にツッコミを入れたくなるわけです。傲慢な気がするわけです。私の故郷でもエイと鮫を食べるんです。エイは海にいるあれです。「かすべ」と呼ばれてます。鮫もフカヒレではなく肉を食べるんてます。東京から来た方はびっくりしますよ。カスベは煮コゴリにします。鮫は酢味噌で食べるんです。世界でもエイと鮫の肉を食べるのはあまり例が無いかなと思います。では、失礼します。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/11/08(日) 03:50:30

ミッキーさん

いえいえ、不快な思いなどしておりませんのでどうかお気になされませんよう。

外国で暮らした経験がおありであればよくお分かりのことと思いますが、日本人の感覚では「えっ!?」と思うことが多々ありますよね。これは食生活・食文化に関わることではないと思います。
外国にいると、あまりそのあたりを細かく考えても仕方ない、とだんだんずぼらになっていくような気がします。それでいいか悪いかはわかりませんが、他者のことを(とりあえずは)ありのまま認める、尊重するというのが国際交流や他者の理解の最初の一歩なのではないかなと思うのです。
すみません、偉そうなことを書いてしまいました。食べ物に関しては、私は食い意地が張っているので、実はイナゴでもハチノコも口にしたことがあります。愛玩動物系はだめですが ^^;

ところで、鮫を食べられるということは某中国地方のご出身ですか?何かの本で、鮫のことを「わに料理」という地方があると読んだことがあります。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/489-800b70ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。