スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

車両登録更新の実際

カテゴリー: 地元の暮らし

さて、昨日書いた車両登録手続きの更新だが、実際には次のような流れになる。

1.更新申請書の記入
2.更新手数料の支払い
3.車台番号・エンジン番号の確認
4.申請書を窓口で提出
5.受領

まずは建物の中に入り1番または2番窓口で申請書をもらう。反対側の壁に記入方法が書いてあるが、当然すべてロシア語なので、面倒くさい場合には6番窓口で代書してもらう。
DSC01630.jpg

代書してもらう場合には窓口で申請書をもらう必要がないので、最初から6番窓口に行ってしまうのが吉。私も当然のごとくこの方法をとった。

代書窓口では申請書のほか、ズベルバンクでの手数料支払い書(2種類)も書いてくれるし、300ルーブル(約1,000円)なら自分で書く面倒を考えれば安いもの。ここではついでに自賠責保険の手続き代行もしているので、あらかじめ自賠責保険に入るのを忘れていた場合でもあわてずに済む。

周りにも保険会社があるのだけれど、開くのが遅いんだよね。

さて、申請書の記入が終わったら近くのズベルバンクで手数料を払う。最寄のズベルバンクはネフスキー大通りの101番地。正面入り口から中に入るのではなく、モスクワ駅よりにある公共料金支払い窓口↓に行かないと受け付けてくれないので注意。
DSC01628.jpg

このテの国営企業の常として、行列はお約束。左の窓口も開いているのに人がいないので、右側に集中することに。ここの窓口のお姉さんも若いくせに無愛想でぶっきらぼうなんだよねぇ。まぁ客の方も訳分からん質問してくる人が多いから、気持ちは分かれんでもないが・・・・ただ、どうでもいいから早くしてくれ。
DSC01627.jpg

支払いが終わると次は車台番号などの確認に。ちなみに、手数料の支払いと車台番号の確認はどちらが先でもかまわないので、確認に並んでいる列が少ないときは確認を先にした方が良いと思われる。

MREOから少し離れたところにある検査場(というか道路の一部を占拠して行うのだが)にはすでに何台かの車の列が。
DSC01625.jpg

自分の順番が来ると、ボンネットを開けて検査官に見てもらうわけだ。
DSC01626.jpg

確認すべきは車台番号(前と後ろ)とエンジン番号。違う車が持ち込まれていないか、盗難車や廃車になったものが使われていないか、事故車を前後つなげていないか・・・・などを確認するのかな。確認が終わると、検査官が申請書に車台番号他を記入してくれる。

ここまで終わるとMREOに戻って、2番窓口に申請遺書、手数料の領収書(2枚)、自分のパスポート(ロシア語翻訳つき)、古い車両登録証、車両パスポート(それまでの車両の所有権の記録)をひとまとめにして提出する。

つつがなく受領されたらあとはひたすら発給をまつのみ。
DSC01629.jpg

今回は夏休みシーズンなのと多分不景気で車の登録自体が減ったこともあって、30分ほどで受領。早っ。

ピーテルに来て初めて車両登録した(←違う町に引っ越すと車検をそこで受けるためには改めてそこでで車両登録をしないといけない)2年前は、朝8時から行って夕方に何とか受け取るくらい混んでたのに。

まぁ面倒が一つ済んでよかったよかった。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/421-bb519b26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。