スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ようやく綿毛の飛ぶ季節

カテゴリー: 天候

日本では春先の花粉症がキッツい人にはキッツいですねぇ。ロシアには花粉症はないようだが、一部の人にアレルギー反応を引き起こす(といわれる)、植物由来の飛ぶモノがある。

それがこの綿毛。
DSC01577.jpg

少し引いて撮るとこんな感じ。 注:バックは地面のアスファルトです。
DSC01576.jpg

ロシアでよくあるトーポリの綿毛。日本ではポプラというらしい。モスクワでもよく見かけたが、ピーテルはだいぶ様子が違う。

まず時期。モスクワは確か6月の初旬には「ぶわ~っ」と一斉に綿毛が飛びはじめるのだが、ピーテルの場合は7月が近づいてようやく、という感じ。

その次は綿毛の量。モスクワだと側溝や段差のあるところは雪が積もったように真っ白になるのだが、ここはもっとまばら。飛ぶ量がそれだけ少ないということね。

やはりピーテルは北国な上に今年は特に冷夏っぽいので、余計に飛ぶ量が少ないのかもしれない。まぁモスクワみたいに飛ぶ量が多いと結構うっとうしいのではある。

このくらいで適当なのかな?
DSC01582.jpg


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

モスソウル

URL | [ 編集 ] 2009/07/05(日) 19:56:46

まだトーポリの季節?モスクワではあの大きいのが飛ぶとハンカチで押さえました。あちらではマスクは不気味な印象与えるし。ところで弊ブログにも書きましたが、日本で花粉症の私もモスクワは翌春okだったのが、翌々春モスクワ川沿いをランイングしてたら突然来た。つまり大きなトーポリ来る前に何かでやられたみたいでした。アレルギーは個人差ありですが。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/07/08(水) 02:50:50

モスソウルさん

今年はほんとに飛びませんね。エルニーニョで冷夏でしょうか。

アレルギーは突然来るとよく言われますので、私もどうなることやら・・・・。先のことは分かりません。

りり

URL | [ 編集 ] 2009/07/24(金) 18:19:55

ピーテルの綿は少ないんですね。羨ましいです!
今年の5、6月は、初めての体験で大変でした。ドイツも結構飛んでてうざかったのですが、モスクワの比ではありません。今だ、部屋の中で大きな綿の塊が遊んでいる事があります。。。とほほ。。。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/07/25(土) 05:12:03

りりさん

ドイツでもトーポリがあるのですか。北国の植物なんですね。別のところでも書いたかもしれませんが、ピーテルはモスクワと比べてかなり植生が違います。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/405-b6edb0c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。