スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

食生活に見るダイエット嗜好

カテゴリー:

一般的に流布されるイメージとして「ロシアの女性は若いときは美人だが、○○際を過ぎるとビア樽になる」というものがある。

たしかにソ連時代はそうだったのだが、ソ連崩壊後に思春期を迎えた人々は、だいぶ食生活も意識も換わってきたと見えて、おばさんなんかでもずいぶん体形を維持している人は増えている。

なんせ90年代も後半になるまで、サラダには「食用油と塩・コショー」が定番の味付けだったお国柄。確かにこれに酢を加えればその昔家庭科で作ったサラダドレッシングにはなるのだが・・・。まぁあの当時のサラダを知っている人は今でもげっぷが出ることでしょう(笑)。

で、今日のお話だが、スーパーでこのようなものを見かけて買ってみた。
DSC01536.jpg


「マッサ・アソーバヤ」というヤツで、甘いカッテージチーズ(裏ごししたような感じ)に干しぶどうを加えたもの。昔からこれが好きで、パンに塗ってよく食べるのである。
DSC01537.jpg

こちらの乳製品の難点だたのは、やたら脂肪分が高いこと。これも昔は「脂肪分20%」がデフォ。重量の5分の1が油って何よ・・・・という感じなのだ。

それ以外のものなどお目にかかるはずもなかったのだが、この製品は、なんと4.5%!
DSC01534.jpg

ダイエット嗜好というか、ロシア人も「食えりゃいい」の時代はとっくに卒業したのね・・・・と思うのである。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

tamate

URL | [ 編集 ] 2009/06/25(木) 20:36:49

美味しそうなチーズですね。
ロシアでもヘルシーな食べ物が嗜好されるように
なってきたんですね。
ワインにも合いそうです。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/06/26(金) 04:46:37

tamateさん

ちょっと書き方が悪かったかも・・・・です。結構酸味が強いので&やわらかいので、いわゆるチーズとは違うんですよね。

強いて言えば、味はヤギのチーズみたいな感じでしょうか。う~ん、やっぱりちょっと違うなぁ。

モスソウル

URL | [ 編集 ] 2009/06/26(金) 22:34:25

ロシアに住んでいると若い女性の美貌や立派なスタイルは存在感ありますね。
モスクワも食生活改善でからだに留意する中高年女性も増えたでしょうね。しかしモスクワに居た私の周りの中高年女性は太目の人が多かったですね。小柄も多い日本人から見ると他の欧州でもそう見えるのかも。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/06/28(日) 11:17:48

モスソウルさん

ソ連時代のおばちゃんたちの体型も別の意味で「存在感」があったのではないかと・・・・。

レフ・チャンドル

URL | [ 編集 ] 2009/06/28(日) 19:33:57

ロシアではジャガイモと乳製品が美味しかった記憶があります。
「別の存在感」の素ですね(^^;
でも、ヨーロッパ全体、食事はほとんど肉、パン、ジャガイモ… 日本人に生まれて良かった~と思う瞬間です(笑)

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/06/28(日) 22:59:40

レフ・チャンドルさん

西ヨーロッパは知りませんが、スラブ民族のソウル・フードはジャガイモだと思います。来日した白ロシア人が寿司やすき焼き食い飽きて、粉ふき芋に感涙したという話があります。

yukacan

URL | [ 編集 ] 2009/07/01(水) 15:52:53

パンにつけたら本当に美味しいでしょうね。ロシアの方もそうやって食べているのですか?こちらも25歳を過ぎた辺りから男女とも別人の様に変貌します。果物や野菜をあんなにたっぷりとって健康的だと思うんだけどその分油や炭水化物も大量摂取しているし、私は何よりもこの乾燥と太陽が老化の敵だと実感しております。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/07/02(木) 04:49:23

yukacanさん

確かに・・・・。こちらは短い夏ではありますが、ロシア人は競って肌を焼きます。その分、シミやそばかすも多いんですよね。「美白」を至上の価値(?)とする日本人からすると信じられないかも。

ところで、イモって炭水化物でしたっけ?ロシア人(というかスラブ民族全般)のソウルフードはイモなので、こちらも結構きているのではないかと。

レフ・チャンドル

URL | [ 編集 ] 2009/07/02(木) 16:10:56

イモは炭水化物です; キますよ~
どこでも栽培・収穫できてビタミン豊富、安価で手っ取り早くエネルギー源になるから優秀な食物ではありますが。
イモがヨーロッパのソウルフードになったのは、戦争やら疫病やらの荒廃が陸続きであっという間に広がってしまうヨーロッパのハードな地理・歴史の必然なのかもしれませんね。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/07/04(土) 03:56:51

レフ・ちゃんドルさん

寒いところで取れるのはジャガイモとビーツくらいでしたっけ?アジアと違ってこちらは穀類は副食(付け合せ)ですね。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/399-1f7a8f9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。