スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

3号店・4号店 続々開店?

カテゴリー:

フランスパン・お菓子の「ギャルソン」、いつの間にか店舗が増えてます。

偶然通ったら見つけたスーボロフスキー大通り店。47番地(モスクワ駅側からスモリニィに向かう側)にあります。
DSC01519.jpg

ちなみに、ここの営業時間は夜10時まで。9時以降はパンが半額になるらしいので、安くゲットしたい人は遅くにどうぞ(笑)。

店内は1号店(旧ネフスキー)、2号店(ラズエジャヤド通り)に比べると細長く、やや狭い。それでも、店員さんの愛想がものすごくよいので店の狭さなぞ問題なし(^。^) 1号店も見習え。
DSC01518.jpg

テーブルの上をふと見たら、ここのほかにもグリボエドバにできているらしい。うまいところは不景気でも繁盛するのね、と思うのである。
DSC01517.jpg


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

yukacan

URL | [ 編集 ] 2009/06/12(金) 06:03:44

開店時間が結構遅いのですね。おいしいことは一番だけど、やっぱり接客がいいのも贔屓になる大事な理由ですよね。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/06/12(金) 06:16:20

yukacanさん

そうですね。ここにきた頃に比べるとお店の営業時間も長くなったような気がします。

モスクワは24時間営業が至る所にあるんですけど。ホント、あそこは「眠らない街」です。

接客態度といえば、一度こっちの郵便局と国営銀行に行ってみてくださいよ。初めての人はきっとものすごいカルチャーショックを受けること間違いなし!

yukacan

URL | [ 編集 ] 2009/06/12(金) 06:35:43

トルコでは国営じゃなくても接客態度ではかなりのカルチャーショックです・・・。一度勝負したいですね。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/06/12(金) 16:34:17

やってみます?笑

トルコは一度イスタンブールに立ち寄ったくらい(確か2泊くらいしました)ですけど、何事も交渉に骨が折れるけれど、無愛想というか取り付く島もないというのはなかったように思いました。

とはいえ、普段から生活されているとまた違うんでしょうねぇ。

Nama

URL | [ 編集 ] 2009/06/13(土) 14:06:52

トルコでカルチャーショックはないと思いますが。ロシアとは全く質が違います。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/06/14(日) 01:15:54

Namaさん

え~と、初めまして、でしたでしょうか?

トルコとロシアの両方で生活のご経験がおありですか?よろしければ聞かせてください。異国での生活って、大なり小なりカルチャーショックってあると思うんです。

Nama

URL | [ 編集 ] 2009/06/14(日) 13:18:05

私はトルコの各地、ロシアのモスクワ、極東にも住んでましたが、トルコは住む前に何度も旅行していたので、カルチャーショックは全く無かったdす。独断ではトルコ文化はアジア風ですね。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/06/14(日) 15:21:56

Namaさん

なるほど、いろいろご経験されているんですね。トルコは確かにロシアに比べればアジア風というかオリエントというか・・・・。

私のブログではトルコの話しは出ませんが(笑)、よろしければまた覗いてみてください。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/395-6c12f825
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。