スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ロシア語は難しい? 発音の話 その2

カテゴリー: ロシア語

個人的にはロシア語の母音には抵抗がないのだが、子音になるとちょっと勝手が違ってきます。

気をつける必要があるのは次のようなものでしょうか。

「Р:(巻き舌の)エル」
→舌をのどの奥の方で震わせるようにして「ルルルル・・・・」とやると上手く発音できます。巻き舌にしないと分かってもらえないこと多数。

「Х:ハー」
→日本語のハヒフヘホの「ハ」ではなく、もっと擦り切れたような音。日本語式でやるとわかってもらえないこと多数。

「Ж:ジェー」
→カタカナ標記しづらい発音なのだが、日本人が発音すると「ジャジジュジェジョ」の「ジェ」になってしまうようだ。ただ、実際問題として区別できなくても分かってもらえることは多い。

「Ш」と「Щ」
→教科書では「シ」と「シチ」と読み方が書いてあると思うが、実際にそんな発音をするロシア人はいない。発音は両方とも「シ」に近い。サシスセソの「シ」のような感じで、前者はそこから唇を前に突き出し、後者は口の端を横に広げる感じ。


子音が連続する単語は、私の場合日本語のクセでどうしても母音が入ってしまうようで、なかなか分かってもらえないこともある。基本的には何とかなってしまうのだが。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

yukacan

URL | [ 編集 ] 2009/03/04(水) 06:37:33

「舌をのどの奥の方で震わせるようにして「ルルルル・・・・」とやると上手く発音できます。」って、それができないから苦労しているんですよー。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/03/05(木) 05:33:52

yukacanさん
トルコ語にもそういう発音あるんですか?
確かに巻き舌は「絶対無理!」って人もいらっしゃいますね ^^;  がんばって習得してください!

愛ネコ

URL | [ 編集 ] 2009/03/05(木) 20:02:12

こんにちは!

ロシア語ですかぁ・・・春から講座が始まるって駅においていたパンフで、最近見つけたんですよ!6回シリーズですって。学費も安くって。キリル文字が最低限、読めて形が書けるようになるみたい。あとは、簡単な挨拶程度の内容らしいです。

6回だったら、途中で挫折せずに最後まで行けるかも(笑)、と考えています。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/03/06(金) 05:57:56

愛ネコさん
6回って、こりゃまたえらくとっつきやすいコースですね。でも、旅行でロシアに来ることがあれば、挨拶だけでもできるとだいぶロシア人の対応も違うと思いますよ。

愛ネコさんもそのコースやってみます?











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/309-b12e5814
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。