スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ロシア語は難しい? 文字の話 その2

カテゴリー: ロシア語

キリル文字の見慣れない文字やラテン文字と同じ形でも読み方が違う文字も、その源流が分かると理解もしやすいと思います。

例えば「П:ぺー」。ラテン文字の「P」に相当するのだけれど、この形、どっかで見たことありませんか?数学でやった円周率の「パイ」ですね。あとは「C:エス」。ラテン文字の「C:シー」と混同するのだが、パイと同様ギリシャ文字で似ているのがないか探すと、あるんですな、「Σ:シグマ」。左側のぎざぎざが丸くなると「C」でしょ?

他にも、「Л:(巻き舌でない)エル」や「Р:(巻き舌の)エル」、「Х:ハー。ラテン文字のエックスではない」もギリシア文字と同じ読み・書きなのです。

と言うわけで、キリル文字はギリシャ文字からラテン文字とは違った流れで派生した文字、ということがお分いただけるかと思います。こう考えると少しはとっつきやすくなるのでは?


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

あのん

URL | [ 編集 ] 2009/02/22(日) 10:40:28

わたしは逆にアルファベットとは違う、キリル文字に取りつかれ、
ロシア語から離れられなくなってしまいました。
ロシア語でつらいのは、多すぎる変化、規則。
日本にはロシアの言葉で入ってきているものがあまりないので、
単語のなじみのなさ。。。
なんど、深みにはまる前にもう足抜けしたい。
自分は川口/スミルノフ組(フィギュアスケートロシアペア)
ファンなだけなんだから、いいじゃない、もっと、ほかの楽しいこと
をやればいいと何度おもったことか。。。
でも、抜けられないし、身に付かないし、いやはや参ってますf^^

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/02/22(日) 21:52:56

あのんさん
格変化ねぇ。あれは人によって覚え方も違いますが、ある種、習うより慣れろの世界ですからねぇ。

格変化もあとでちょっと書きますね。文字→発音→性別→格変化と(不定期に)続く予定です ^^;

チェブ

URL | [ 編集 ] 2009/02/23(月) 19:40:22

毎度毎度、
КИOCК をどうしても、
「KNOCK」と読んでしまう私は、ロシア語にむいてないのでしょうか・・・・・。
ほんとに苦戦してます。
キオスクでノックアウトです。。。。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2009/02/24(火) 04:23:13

チェブさん
ワタシはノックで「キオスク」と読んでしまいそうです(涙)。日本人としてヤバイ?











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/306-233d2564
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。