スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

イタリアン・ジェラート

カテゴリー:

旧ネフスキーとバクーニン通りのぶつかるところにジェラート屋を発見。本格的なジェラートである。美味。
DSC00763.jpg

店内はこんな感じで、ゴージャス。しかし、イタリアもこんな感じなのだろうか。人気店のようでひっきりなしに人が入る。単に店が狭いだけという話もあるが・・・・。
DSC00766.jpg

お会計のときに飴玉が出る。もって帰っていいの?
DSC00764.jpg

しかし、ジェラート屋なのに何故皮のバッグを売っているのか?
DSC00765.jpg

Cafe Venezia

大きな地図で見る
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

あのん

URL | [ 編集 ] 2008/09/04(木) 20:45:49

うわお!イタリアンジェラートですか?
寒くなるとアイスみょおに食べたくなったりしますよね。
まだ、ピーテルは涼しいですか?
飴玉が出るって日本っぽいですね。。。。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2008/09/05(金) 06:08:52

あのんさん
こちらは最高気温15度くらいですよ。またちょっと暖かくなりました。
私は甘い物好きです。アイスも当然大好物。
ここ、ウマいです。今度は冬に「お持ち帰り」して、歩きながら食べてみようと思います。

ありょんか

URL | [ 編集 ] 2008/09/05(金) 15:55:36

色がカラフルで、見ていて楽しいですね。アイス好きな私も、もしこんな店があったら通います。ロストフではお会計の時、必ずガムが付いてきます。どこからきた習慣なのか?

まきのや

URL | [ 編集 ] 2008/09/07(日) 03:08:04

ありょんかさん
ガムはピーテルでもモスクワでも出てきます。確かにどこからきた習慣なんでしょうね。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/189-4c253897
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。