スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ロシア美術館のお気に入り? 番外編

カテゴリー: ロシア美術館

ロシア美術館には、絵画や彫刻ばかりではなくロシアの民芸品のコーナーもある。

「シカトゥールカ」と呼ばれる日本で言う漆塗りに近い感じの小箱など、ものによっては今のものよりも絵付けが細かいくらいだ。
DSC00332.jpg

ソ連時代の作品も多く展示されているが、よく見ると結構「赤」くて微笑ましいものがある。決して色使いが赤みがかっている、という意味ではなく、題材が赤いのだ。
DSC00331.jpg

一見「最後の晩餐」かと思うような箱があるが、
DSC00328.jpg

実は背後の肖像画はこんな人たち。
DSC00328-2.jpg

まぁ社会主義も一種の宗教と揶揄されたこともあるのであながちおかしくもないか。

また、民話の挿絵のようなものは
DSC00329.jpg

コムソモール員は共産主義の敵と戦っています、というプロパガンダ。
DSC00329-2.jpg

あらゆる物を使って共産主義を浸透させようとしたのだろうか、とふと考えさせられたりする。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ありょんか

URL | [ 編集 ] 2008/05/22(木) 21:28:05

1階(いや2階?)のところにある展示ですね。私はピーテル4日目の最後の最後にこの部分を見たので、疲れ果てていてあまりじっくり観られませんでしたが、今度行くときは時間をかけて観たいと思うような展示でした。一見伝統的な絵柄に見えて「赤い」シカトゥールカが面白いです。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2008/05/23(金) 04:04:30

ありょんかさん
はっきり覚えていませんが、ベレシャーギンのところを抜けて別館(ベヌア)に行く途中だったような気がします。フロアは1階です。美術館には珍しく、「笑える」展示ということで私は好きです ^^;

ginaso

URL | [ 編集 ] 2008/09/21(日) 08:53:06

はじめまして。ginasoと申します。
本当に赤いですね...微笑ましいという表現がぴったりです。
まきのや様の"なびく赤旗"にも、笑ってしまいました。

まきのや

URL | [ 編集 ] 2008/09/22(月) 00:49:21

ginasoさん
はじめまして。ようこそお出で下さいました。
共産主義の思想も今ではすっかり過去のものですね。10年位前は研究所の先生などはまだ「共産主義は正しい!」と力説する方々が結構多かったのですが・・・・。
思想的には全くついていけませんでしたが、人間的には非常に良い方ばかりでした。共産主義というのはそういったある種純粋な人たちを踏み台にして成り立っていたんだなぁ、と思ったものです。











管理者にだけ表示を許可する
http://stpetersburg.blog51.fc2.com/tb.php/102-057d0c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。