スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ベジタリアン食堂

カテゴリー:

流石に最近は言われることがなくなったが、一時期「グルメ・ブログ」と称されていた我がブログ(←自慢)。

駐在員の書くブログということでわりと仕事関係でも使える店が多かった(反面、いろいろな意味で使えないところも多数)が、ここは絶対仕事では使うことはないだろうという店。使うにしても出張者にぱぱっと飯を食わせるときくらいかな。

中はご覧のとおりの簡素な内装。
P1080006.jpg

家具もきわめてシンプル。基本的には安く小腹を満たすためなので別に座り心地は求めないのですが。
P1080008.jpg

メインはショウケースの中のサラダバー。ストリチヌィ(ロシア風ポテトサラダ)やヴィネグレート(ジャガイモ、人参、赤カブなどの賽の目切りのサラダ)など、ロシア的前菜を含めより取り見取り。だいたい10種類前後出てるかな?ひと匙ずつすくってくれるので適当なところで「ストップ!」とか「OK!」といって皿に盛ってもらう。
P1080010.jpg

それをこの秤で計るわけです。グラム単位かよ・・・と思うが、この手の食堂(所謂スタローバヤ)では時々みかける方式。
P1080012.jpg

それ以外にもスープやメインコースも多種多様。しかしここは本当にベジタリアンなので、基本は野菜や乳製品での代用になる。
P1080007.jpg

私は2店舗知っていたのだが、実は結構チェーン展開しているということが先日砂糖の袋の裏を見たら判明したのである。
P1080009.jpg

お近くの皆さま、簡単に野菜メインの食事を取りたいときにはどうぞ。

Cafe Troitskii Most(私が良く行くところ。入り口は大通りではなくマーラヤ・ポサーツカヤ側)

大きな地図で見る

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト

壁のLANケーブル穴

カテゴリー: 日々の徒然

イサク寺院の脇にマネージという建物がある。アンチーク見本市などやっているいわゆるイベントホール的なもの。ここもピーテルの建物の例にもれず由緒正しき過ぎる(笑)ため、内装などが結構ぼろぼろであった。

しかし、先日行ってみたところ、入り口と券売所のところが改装されてきれいになっていたのである。

しかしまだ工事の途中だったらしく、券売所の上の壁にはむき出しのコンセントとLANケーブルの穴が。
0103 019

拡大するとこんな感じなのだが、コンセントは分かるが(多分ディスプレイか何かが設置されるのでは以下と予想)、LANケーブルの穴は・・・?
0103 020

小さなPCか何かが乗るのだろうか?次に行く機会があればぜひチェックしてみたい。


大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

窓ガラスにひびが・・・

カテゴリー: 交通

先日、モスクワに出張したとき、久しぶりにサプサンに乗った。
0103 011

サプサンも運用開始して丸2年。シーメンス製の車体も結構ガタがきている、それともメンテが悪いの?とおもった一コマ。

何かというと・・・とある窓ガラスに全面ヒビが。
0103 012

くまなく入っております(ーー;)
0103 013

もちろん気づいた限りはこの1枚だけだったし、気候条件というのもあるのだろうが、このまま走らせても良いものなの?


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ギンザにデビューしてきました

カテゴリー:

当地在住の方でないとピンとこない話かもしれませんが・・・しかしまぁ、当地に来て4年半たって は・じ・め・て 行ったわけですよ。

なぜに今まで行かなかったのか。

だってねぇ、行った人に話を聞くと「確かにうまいけど高い」という話ばかり。まぁそれだけ払うなら日本に帰ったときにちょっと奮発して・・・などと思ってしまうヘタレなわけですよ、我が家は。ところが、お互い年末までこちらに残るというさる在留邦人の人と「じゃぁ忘年会しましょうか~」などと気軽に申し出てみたところ、何と「ギンザへ行こう!」ということに。その方、ものすごくギンザが好きなんですって・・・。

ちなみに「ギンザ」というのは、スシ(はじめ日本食のようなもの)もだす無国籍料理レストラン。確かにスシは美味いらしい(実際に食ってみたら本当にうまかった。ピーテルでは、という限定になるけれど)。ちなみに日本飯以外にはイタリアン、ウズベク等々あります。

ギンザ・プロジェクトというレストラングループがあるんだけれど、その出発点のレストラン・・・らしい。

前置きはこのくらいにして、ギンザがあるのは町中からは離れたちょっと辺鄙なところ。在留邦人は用事がなかったらここは行かんわなぁ・・・というテレビ塔のほぼ麓。通りからも一見すると全く分かりまへん。

(付近の写真がなくて申し訳ないですが、後日、撮ることがあったら追記します)

年末はまだ雪がなかったので庭もこんな感じ。夏は虫が多そう・・・?
0103 033

一緒に行った人がここを気に入っている理由を聞いたところ、味もさることながら「スシ・セット」があること。確かになかなかセットメニューは見かけませんな。
0103 035

それ以外にもいろいろと種類豊富にロールがあるのはこちらのお約束。
0103 034

セットメニューはじめ皆さんで色々頼んで・・・
0103 039   0103 037

私のシメはうどん。
0103 040

麺が乾麺というものの出汁はいい感じでなかなか、かと。具も豊富なのは良いのだが、カニ足はいらんよ、その分値段下げて・・・と思うのが小人の小人たるところか。

スシ(ほか日本食のようなもの)メニュー以外にもいろいろありますので、懐具合をあったかくしたうえでGoしましょう!

Restaurant "GINZA"

大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ようやく雪がうっすらと

カテゴリー: 天候

今年は暖冬!ということはツイッターでずいぶん呟きましたが、新年を迎えてようやくすこしずつが降り始め、うっすらと積もりように。

0103 045   0103 046

しばらく降っては溶け・・・かもしれないけれど、日が長くなるなかが降ると、スキーがようやくできそうな感じで嬉しいのである。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

新年らしきもの(2)

カテゴリー: 地元の暮らし

新年らしきものの続きは、食べ物編。このブログでも何度か取り上げたヴォルコンスキー新年向けお菓子である。

こちら、お菓子の家なのであるがむちゃむちゃ高い。2500ルーブル出してだれが買うのよ・・・って思ってたらほとんど売れている気配がない(笑)
0103 029

こちらはお手軽ジンジャークッキー。しかし食紅(←紅とは言えんな最早)の色が毒々しい・・・
0103 030

他にもロールケーキなどがありました。
0103 031

うちはこの写真には載ってなかったけど、もみの木型のクッキー(約890ルーブルなり)を買いこみ、まだ飾ってあります(笑)

翻って90年代。新年らしき物って何があったろうか。ヨールカ(もみの木)とジェッド・マロース(ロシア版サンタクロースのようなもの)くらいだったかなぁ・・・他にどんなものがあったか覚えていらっしゃる方がいれば教えてください(笑)

Confectionery shop and Cafe "Volkonskii"

大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

新年らしきもの(1)

カテゴリー: 地元の暮らし

年が明けてもロシアはまだクリスマス。というのも、ロシア正教の教会は旧暦(ユリウス暦)を使っているため、今日がクリスマスで新年は14日になるのだ。

そんなわけで、日本では松の内が明けると正月気分もどこかへ・・・というところだろうが、こちらではまだ正月気分が続いているのである。そんな雰囲気の中の街の風景をちょっと上げてみる。

オストロフスキー広場のクリスマス・マーケット。例年12月の初めごろから設けられる。
0103 028

集客イベントなどもがんばってやっているのである。
0103 027

こちらは、クリスマスマーケットではないけれど某ショッピングセンターの花屋にあった新年用の飾り物。かわいいんだけど菊の花というのが・・・日本じゃぁお祝いごとに菊はないよね、と毎度思うのである。
0103 026

新年らしきもの、次回に続きます。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

日はまだ低く

カテゴリー: 天候

冬至が過ぎて約一週間。年で一番日が短い日がすぎ去りこれからは日が伸びる一方、冬ももう終わりだぜ・・・と強がってはみるものの現実はそう甘くはない。

毎年冬は朝が暗いということはネタにしてきたが、今年はそれに輪をかけて暗い。冬時間への移行がなくなり夏時間のままなのである。おかげさまで欧州大陸(CET)とは3時間、お隣フィンランドとの間でも2時間の時差となったわけだ。ものすごく不自然(笑)。

夏・冬時間切り替え時の時差調整がなかったのは楽ではあったが、冬至の頃だとはいえ11時まで真っ暗というのはなかなかしんどい。

ピーテルはモスクワと同じ時間帯に位置するが、経度でいうとモスクワよりもずっと西。どちらかというとヘルシンキに近い。なので、モスクワに比べるとただでさえ朝が暗いのである。

晴れた日には昼ごろやっとこんな感じに。弱々しい日差しがほぼ真横から・・・
0103 021   0103 022

春はまだ遠い北の都なのであった。



  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

サルミアッキは松やにの香り?

カテゴリー:

欧州方面の旅行在住経験がおありの方はご存知かもしれないが、欧州では「リコリス菓子」というものがある。詳しくはこちらのWikipediaを参照いただきたいが、ロシアの隣国フィンランドでも「サルミアッキ」という類似のものがある。

個人的には「松ヤニでも使ってんじゃねーの?」という風味という感じで、超雑食なわたくしも正直なかなか手が出ない食べ物の一つなのであるが(フィンランド人でも好き嫌いがあるとは聞くけれど・・・)、とにかくフィンランドの代表的菓子であるらしい。

ところで、話を中リ強引に転換すると、現在ピーテルで代表的なショッピングセンターの一つと言えばフィンランド系のストックマン。ここのクリスマス・新年大売り出し商品のの中にこんなものがあった。ドライフルーツなどをチョコレートでコーティングしているというもの。
0821 003

かごの左下にある白いのが何かのヌガーをチョコレートでコーティングしてあるものなのだが、その中にサルミアッキが入っているのだ。
0821 004

サルミアッキだけだと強烈で食べられたものではないのだが、こうして包まれていると、ほのかな塩味が全体のバランスとうまく溶け合っているようで・・・まぁ食える。

ちなみに、フィンランドではこんなサルミアッキのCMもあるようです。


しかし、このCM見る限りじゃどこで黒くなるのか全く分からんな・・・。

Stockmann Nevskii Center

大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

北の国から新年ご挨拶

カテゴリー: 日々の徒然

ロシアの北の都でも新年を迎えました。昨年は日本は震災などいろいろとありました。個人的にも一部関係したところがあります。

それでも、自分ができることを一つ一つやっていくことで、少しずつ元に戻っていく、そう信じてやってきました。今年も自分なりに一歩一歩進むことで、務めを果たしていきたいと思います。

2012年が皆様にとって良い年となりますように。

PC280017.jpg
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。