スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

年末年始イルミネーション

カテゴリー: 地元の暮らし

本日は大晦日。ここロシアの北の都でも新年を迎える準備がいろいろ行われている。

年末の町の飾りつけというと大体は街路灯のイルミネーションや建物のライトアップ(←これは年末に限らず通年でやってる)なのだが、ここ数年、イルミネーションの質が結構上がってきた感じ。

この街に来た当時(4年前)はけばけばしい中に場末感が・・・という感じだったのだが、去年ごろから目抜き通りはあまり彩りを求めずシンプルな感じになってきた。個人的にはこちらの方が好みだし、住人にも好評だから増えてきたのではないかなと。

目抜き通りのネフスキー大通り。ドームクニーギの斜め向かいあたり。時計塔も屋根が電飾になってます。
PC280013.jpg

こちらは同じところを反対側から。ドームクニーギです。
PC280024.jpg

こちらはエルミタージュの裏側、ネワ川の沿いの遊歩道。発光ダイオードの電飾のハシリはここかな。
PC300056.jpg

ネワ川を挟んで向かいのペトロ・パヴロフスク要塞。
PC300036.jpg

「新年おめでとう」の電飾は・・・個人的にはちょっといかがなものか、なのであるが。
PC300029.jpg

ちなみに、これらの写真の撮影時刻は午前8時半~10時ごろまでの間です。夜の間に撮ったんじゃないよ。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト

≒緑茶

カテゴリー:

最近わが家ではジャスミンティーを愛飲している。といってもティーバッグだけど。
0821 001

とはいえ、日本人にはこれは緑茶じゃ・・・ないよね(^^;)
0821 002

まぁ香りは(まぁそれなりに)出ているので良しとしよう。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

突っ込みどころの多いメニューとは?

カテゴリー:

ピーテルに来てはや4年半が過ぎようとしているが、きてからず~っっっっっっと気になっていながら入れなかった店がある。

その名も「カフェ・アプアジア」。アプハジアというのは国際法的にはグルジアの一部なのだけれどソ連崩壊後にグルジアから独立を宣言して内戦状態になっていたところ。2008年の南オセチア紛争を機にロシアが独立を承認したりして話題になったところでもある。

ではグルジアとは全く違うのか?というと、外国人の目から見ればもうほとんど違いがない(本人たちにしてみれば「全然違うよ」ということかもしれないが)。おそらく普通のグルジア飯だろなーとは思っていたものの、なぜか足を踏み入れる機会もなく今に至っていたのである。

そんな中、ツイッターの某相互フォロワーさんが当地に来る際に足を運ばれるということを知り、先日その方と一緒にカフェアプハジアに足を踏み入れる機会があったのだが、いやぁ面白かった。何が面白かたかというとメニューに突っ込みどころが多すぎること。

例えばしょっぱなのサラダのところから良く分からんものがある。

下の方にある「グルジア・サラダ」。なぜか二つある。
0821 022

良く読むとナッツの有無が違うようだ。店員に「どう違うの?」と聞くと「下の方が美味い。そっちを食え」という答えになってるんだかなってないんだかの返事。結果的にそっちを頼んで美味かったですが(^^;)

メインコースを見ると・・・出たー!ゲテモノ系(笑)。内蔵料理は食う私も脳みそはねぇ・・・しかも「牛」だし・・・特定部位ど真ん中にチャレンジする勇気は私も某フォロワーさんもありませんでした orz
0821 023

突っ込みどころはデザートも続く。デザートはシンプルに3種類なのだが・・・

一番上に一言「ケーキ」。
0821 021

どんなケーキやか分からへんやんか(ーー;)。それともロシア人としては「トルチク」でもう想像できてあまりあるのか?

結局デザートはきわめてロシアっぽいヴァレニエ(ベリー類などを砂糖で煮込んだもの。ジャムをもっと水っぽくした感じ)を頼んでみた。これはかなり甘いけど、いける。出された時は汁に沈んでどれだけあるか皆目見当もつかないが、結構入ってます。
0821 025   0821 026

ヴァレニエの唯一の難点は、手作りのあまり「タネ」が全然とられていないところ。思いっきりかむと派にダメージがあるので注意しましょう(T_T)

ちなみに料理は極めてオーソドックスなグルジア飯。チーズたっぷりのハチャプリ(メグレル風)がウマーです。
0821 020


Cafe Abkhaziya

大きな地図で見る

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

新年に向けて干支の置物

カテゴリー: 買い物

12月。世間は(本当は1月にクリスマスを迎えるロシア正教徒でさえ)クリスマスに向けて浮かれるシーズン。

資本主義になって20年を迎えるロシアとしてはすでに西側資本主義の真髄が骨の髄まで浸透しているらしく、各省店とも11月も半ばからクリスマスセールの実施に余念がないのである。

そんな中、ピーテルの老舗陶器メーカーである「皇帝陶器工場(Imperial Porcelain Factory)」もその例に漏れない。

ネフスキー大通り(旧ネフスキーの方)にある直営ショップにもクリスマス、新年向けの新作が並び始めた。
0821 015   0821 016

ちなみに新作は来年の干支である龍の置物。ここは毎年干支の置物が出るのだが結構出来がよいのである。

サイズが大中小とあって、それぞれ柄が違う。
PB200008.jpg

大きいの
PB200004.jpg   PB200005.jpg

中型。これだけ座っている。
PB200010.jpg   PB200009.jpg

小さいの
PB200011.jpg   PB200006.jpg

龍なんだかトカゲなんだかワニなんだか微妙なのはお愛嬌ということで(笑)



大きな地図で見る

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

雪が降らない積もらない

カテゴリー: 天候

すでに12月。しかし今年は去年、一昨年と違ってかなり暖かい。も市内では実質的にはまだ降ってないといってもいいくらい。

それでも先週、ようやく市内で(一晩ともたなかったけれど)うっすらとが積もった。

気温はそれほど低くなかったけれど、きれいに結晶が浮き出ていた。うん、こういうふんわりしたはいいね。
0821 017

しかし去年もドカっと降ったのは12月に入ってからなので、くれぐれも油断はできないのである。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。