スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

記念10ルーブルコイン?

カテゴリー: 地元の暮らし

10ルーブル硬貨のことは以前にも書いたのだけれど、今度はどうもそれの記念バージョンではないかと思われるものを発見したのでネタにしてみた ^^;

これが普通の10ルーブル硬貨。裏か表か・・・・は分からないのである。
P2070009.jpg

その反対側はこんな感じ。
P2070008.jpg

で、下のが今回入手したもの。図柄が勲章っぽいですな。
P2070007.jpg

反対側もフォントと図柄が普通のとは異なりますな。
P2070005.jpg

なお色が違って見えるのは光の関係で、実物は同色。

ちなみに、以前発行された10ルーブルの記念硬貨はこちらで見られます。

しかしこのコイン、取っておこうと思って財布から出して置いたのだがどこに行ったか分からなくなってしまった・・・・お~い、どこにいったんだぁぁぁ!

これじゃぁいずれ家宅捜索だよ(涙)。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト

メキシコ料理で大皿料理

カテゴリー:

レストラン街のルビンシュテイン通りにあるメキシコ料理レストラン「トレス・アミーゴズ」。ネフスキー大通りから遠い方のはずれ近くにある。

このレストラン、味はそこそこ、値段が安い・・・・ということで、いつも大人気なのである。特に週末の夜は予約必須、というくらい。

我が家でも時々行くのだが、時々団体さんが大皿というか大きなプレートに前菜盛り合わせのようなものを食べているのを見て、いつかトライしてみたいと思っていたのだ。とはいえ、少人数だととても食べ切れないので、今まで試す機会がなかったのである。

それがこの大皿。ドン!


トルティーヤ、ファヒータ、チキンウィング、ポークリブなど、基本的につまみ系ですかね。

なかなか食べられないものが食べられて満足でした!

Restaurant "Tres Amigos"

大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ブラウニーが最近のマイブーム

カテゴリー:

最近のお気に入りはこれ。
brawnie.jpg

ブラウニーなんですが、あまりに気に入ったので3箱もまとめ買いしちまいました ^^; 食べるときは1センチずつなんですがね。

チョコレート含有率75%とかで濃い~んですが、時々無性に食べたくなるんですよ。アメリカかどっかからの輸入物と思っていたら、実はロシア産。ライセンス生産だとは思うけど、ここまで美味いブラウニーがロシア製とは思わなかったぜ。

寒い時にはこういうのでカロリー補給というのは、きっと間違っていない・・・・と思うことにしている。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

冷え込んでおります・・・

カテゴリー: 天候

さてさて、いい感じで冷え込んできているピーテルですが、最近はマイナス15~20度前後で気温が固定している感じ。
minusa_c.jpg

minusa_b.jpg

2005~06年の、モスクワでマイナス30度が1週間続いたのに匹敵するかな。モスクワのほうは冷え込んでもカラッと空気が乾いているので、ピーテルはまた違った寒さなのだよなぁ。

来週になれば少し緩んでくるような予報なので、もうしばらく辛抱しましょ。

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

極寒スキーで好天で

カテゴリー: レジャー

普段はその辺でクロスカントリースキーばかりやっているわたくしですが、今回、ロシアで初めて、ゲレンデスキーなぞやってみた。

実に十ウン年ぶり ^^;

滑れるかどうか不安だっけれど、ご多分にもれずこのあたりは山がないので、ゲレンデも山というよりは小高い丘。滑りの缶を取り戻すのにはちょうど良かったという感じだった・・・・とやや強がってみる(笑)。

今回行ったのは市の中心部から見て南西、空港のもう少し先の方にある「トゥウタリ・パルク」というところ。
P2120017.jpg

行ったのは先週の土曜日だったのだが、先週末からピーテルはぐぐっと冷え込み、当日の気温はマイナス20度・・・・ええ、もの好きと言ってください(ーー) ハイ。

とはいえ、冷え込んだ分だけで足も少なかったようで、結構自由に滑れたのは良かった、天気にも恵まれたし。

駐車場に車を止めて、まずは貸しスキーのあるところへ。
P2120010.jpg

ブーツ、スキー、ストックのほか帽子やゴーグルも貸してくれるらしい。年に数回しか行かないならそれでもいいかもね。ちなみに、借りるときはデポジット1万ルーブルか免許証を担保に取られます。何故かパスポートは担保にならず。

コースを見るとこんな感じ。真中の小高いところがてっぺん。どんなに急なとこでもコブどころか大した傾斜はありまへん。ちなみにリフトは全てTバーリフトです。

P2120011.jpg


ちょっと右の方に目を向けると別のリフトが。横には結構広いのね。
P2120012.jpg

子供用の超ゆるゆる斜面も。子供用スキー教室もあるらしい。
P2120014.jpg

寒くなったらカフェで温まることもできます。ちなみに私はコーヒーとセーベルのブシェー(発音は「ブーシェ」ではないらしい)をいただきました。
P2120013.jpg

流石にこの気温ではそうそう長い時間滑り続けることもできず、10本ほどで退散。

周りは当然ながらこんな感じで樹氷なのであった。
P2120015.jpg


しばらく寒いみたいだし、また行こう。しかし、今度行く時は全面アイスバーンかもなぁ。ここんとこ全く雪降らないし。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

寒さが緩んできたら頭上に注意!

カテゴリー: 地元の暮らし

しばらく0度前後どころかプラスの気温が続いていたピーテル。それが昨日くらいから急に冷え込んできて今日はマイナス15度位。

中途半端に溶けたが再び凍ってつららになる。

サメの歯というか錐が何本も下がっているような・・・・。
sasuki01b.jpg

排水管も下の方が凍っているので溶けたは上の方から溢れ出すのである。このつららの形は何となく朝鮮人参みたいな気がする (--;)
sasuki02b.jpg

次に寒さが緩むのは1週間以上先の予報だが、緩んできた時こそ頭上に注意なのである。やめの掻きはやっても、つららまでは完全に落としきれないところが残っているのだ・・・・。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

遊び疲れた?

カテゴリー: レジャー

以前にも書いたが、雪遊びの道具で「バトゥルーシカ」なるものがある。

基本はそりのように坂で滑って遊ぶのだが、遊び疲れた子供を連れていくのにも便利なようだ。

こんな感じに、ね。


あまりに疲れたのか、すっかり無表情なのである。よく眠れるだろうね ^^;


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

塩気が強いカフカスのチーズ

カテゴリー:

前回書いたグルジア飯の話題に出てきたハチャプリ。

中に入るチーズはたいてい「スルグニ」というものを使うらしい。スルグニというのは、Wikipediaによると水牛などの乳から作る塩気のあるチーズ、だそうだ。

ピーテルではその辺のスーパーでも日常的に売っている。これは直径15cm位の割と小型のもの。ただし、グルジア産ではなくロシア国内のアディゲヤ(グルジアに近い北コーカサス地方の一部)で作られたものらしい。
GeC06.jpg

確かにこのチーズ、そのまま食べると塩気が結構キツい。それはそれで美味なのだが、やはりハチャプリの中に入れて熱々を食べるのが一番幸せな気分になれると思う。ちなみに、オムレツの中に入れてもなかなかいけました。

カフカス(コーカサス)地方は乳製品の種類が多く、一時期日本でもブームになったカスピ海ヨーグルトの発祥の地もこのあたりらしい。飲むもの、食べるもの、本当に色々ある。食べる方は形も様々。

こんなひも状のものもある。決してサ○ダ虫ではありません。
DSCN0160.jpg

似たようなのでは棒状になったものもあるし、さらにこれらを燻製にしたものもある。
gechjpg.jpg

燻製のはビールのつまみになかなかあうのではないかと思う。

ロシアはヨーロッパの者も含め本当に色々なチーズが売っている。ヨーロッパのものもいいのだが、時々こういった毛色の変わったものを食べたくもなるのである。

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

久しぶりにグルジア料理

カテゴリー:

ツイッターで「ヒンカリ美味っ!」という呟きがあり、無性にグルジア飯が食べたくなってしまった。

ちなみにヒンカリとはグルジア料理のひとつで、大きめの水餃子というか皮の厚い小籠包のようなもの。

ヒンカリはメインなので、まずは前菜から。煮豆料理の「ロビオ」


上の写真だと良く分からんが皿に盛るとこんな感じ。見k背によって味は多少違うが、スパイスが効いているところが多い。
GeC02.jpg

続いてハチャプリ。塩気のあるチーズを厚みのないパン生地に挟んで焼いたもの。
GeC03.jpg

切るとこんな感じで中にチーズが入っているのが分かる。店によってはアツアツで溶けたチーズがはみ出してくることも・・・・。
GeC04.jpg

そして本命のヒンカリ。一つだけ肉汁が抜けてしまっていたのは残念だったが、相変わらず美味。
GeC05.jpg

これ以外にもスープや肉料理、多彩な前菜が色々あるのだが、少人数だとそんなに種類が頼めないのが難点なのである。

Restaurant "Aragvi"

大きな地図で見る


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

パブロフスクの雪景色

カテゴリー: 観光

前回はちょっと郊外でお茶を濁した感のある冬景色だが、今日は「わざわざ行く」価値のあるであろうところをご紹介。

前にも書いたパブロフスクだが、基本公園のようなものなので冬でもやっている、というか開いている。

ちょっと前の結構冷え込んだ時、思いつきで行ってみた。やはりピーテル市内とは違ってかなり本格的な積雪具合。

(といっても、ピーテルもそれなりに降り積もって入るんですが)

公園の中に入るとすぐにもうこんな感じ。
pvl001.jpg

奥へ向かう道はさらに雪深く・・・・
pvl004.jpg

パヴェル1世の居城に向かう並木道
pvl002.jpg

木の枝も雪で覆われる。遠くから見ると綿花のよう
pvl006.jpg

こういった感じで晴れると気温は下がるが、キンと引き締まった感じでなかなかさわやかな気分になる。といっても、15分も歩くと頬が痛くなってくるのだが ^^;


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。