スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

青空とのコントラスト その2

カテゴリー: 観光

青空に映える建物と言えば、やはりスモリヌィ寺院。
P1260111.jpg

どんな感じで写るかな、と思って樹氷の陰から撮ってみた。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト

青空とのコントラスト

カテゴリー: 観光

今週もよく冷えた1週間だったが、冷えた分だけ晴れた日が多かった。晴れるとやっぱり気分がいいやね。

市内中心を歩く機会があったので、エルミタージュの周辺で写真を撮ってみた。

ミリオンナヤ通りから宮殿広場を抜けてイサク寺院が見える。右側の緑と白の建物がエルミタージュ美術館。


宮殿広場を歩く人もこれだけ寒いと少ない。
P1260090.jpg

ちなみに宮殿広場、雪は掻かれているが、その分氷のようになって滑りやすいのである。

こちらは広場の中心に立つアレクサンドルの柱の上にある天使像。寒くないっすか?
P1260093.jpg

柱を挟んでエルミタージュの向かいにある参謀本部の建物の上にある騎馬像も、全身に雪をかぶって寒そうである。
P1260096.jpg

写真だと上手く色が映っていないのだが、青い空とピーテルのパステルカラーの建物の淡い色が、とてもいい感じのコントラストなのである。

やっぱり晴れの日はいい。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

川の上の足跡

カテゴリー: 地元の暮らし

寒い日が続きますと当然川も凍るわけで、ネバ川が凍るくらいだから小さな川や運河などはもうカチカチ。

日本総領事館近くのモイカ川。エルミタージュは左手手前の方で、ここからだと徒歩3分くらいかな。
P1260105.jpg

当然のように足跡が無数についているわけで・・・・。
P1260107.jpg

こういうことをするのは地元民か、観光客か。どちらもしているのかな。この寒さならしばらくは川渡りをしても大丈夫だと思われる。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

寒い夜にはボルシチでウマー

カテゴリー:

こう冷え込む毎日だとやはり温かいものが食べたくなる。

冬に体が温まるもの言えば「鍋」だが、残念ながらロシアには鍋料理はない。それに代わるものは・・・・壺焼きか熱々のスープであろうと思われる。

ということで、昨日の夕食は唐突にボルシチ ^^;


材料は赤カブがあれば、その他適当に野菜を刻んで入れてしまえば何となくそれっぽくなる?今回はキャベツ、玉ねぎ、ジャガイモ、人参、にんにく・・・・他に何か入れたっけ > オクサマ

最近はすでに千切りになっている赤カブがパック詰めで売っているので(例えばこんなの)、昔のようにいちいち下茹でして千切りにする手間も省けるのだ。

ボルシチの何が面倒くさいって、赤カブを切るのとその汁が飛ばないように気をつけることだからねぇ。

コンソメで味付けすれば、結構手軽に、本格的なボルシチが作れるのだ。便利になったもんだ。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

空気も凍る

カテゴリー: 天候

寒さネタはもう飽きた・・・・という声がなきにしもあらずではあるが ^^; 今日も冬の天気の話題。

ここ1週間ほど続いている寒波第2弾。今日は少しは和らぐとの予報だったが、結局15度くらいまでしか上がらなかった。しかし、気温はともかく今週は結構晴れの日が多かったので、太陽が出ると日の光に照らされダイヤモンドダストがよく見られたのである。

ダイヤモンド出すとは、確か3年前の冬だったと思うがモスクワでマイナス30度が1週間ほど続いたことがあり、その時に見て以来。ピーテルでは初めてだ。

空気中の水分が凍るということは、降りてきた結晶は地面にある物に降り積もることになる。ということで、雪も降らないのに車が真っ白に。


樹氷も当然復活です。この前ほどではないとはいえ、街中で見たグリフォン君も霜がびっしり張り付いて寒そうなり。
P1240078.jpg

ちなみにこのグリフォン、何かというと欄干の飾りなのだ。
P1240072.jpg

カザン寺院の裏のほうなので、その辺を散策されてご覧になった方もいるのではないかと。

せっかく寒い冬なのでこういう冬の風景写真をもっといろいろ撮りたいのだが、寒さで出不精な今日この頃なのである・・・・。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

雪の層

カテゴリー: 天候

昨日書いた裏道はともかく、中心部の表通りは大分雪が取り除かれてきた。

とはいえ、こういう風にいつまでも車を退けず、埋もれたままという車もいる。放置されているのは旧型車が多いのだが・・・・置きっぱなしだと動かんようになるで。
DSC02156.jpg

こっちも負けず劣らず。絶対ひと月くらい動かしてないな。雪の重みで車が潰れそうだ。
DSC02172.jpg


ところで、塵も積もれば山となる、雪も積もれば層となる。
DSC02155.jpg

ということが改めて分かった。降雪回数とかも分かるかな?


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

さらに冷え込み

カテゴリー: 天候

今日の気温はこんな感じ。


さすがに息をすると鼻の中も凍ります。こういう気温の時には深呼吸は御法度。口で息をする場合はゆっくり、ゆっくり、気管や肺が凍らないように・・・・。

今週いっぱいこんな気温が続く予報。さすがに寒いのも飽きた(笑)


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

進む雪かき⇔積もる雪山

カテゴリー: 地元の暮らし

だいぶピーテル市内も除雪が進んできた今日この頃。夜間も、土日も結構雪かきやツララ落としが行われている。先週マトビエンコ市長が「何でこんなに雪かきが遅れてるのっっっ!!!」と大層お怒りになったようで、多分そのせいやね ^^;

市内目抜き通りも大体きれいにされた。車もだいぶ走りやすくなった。しかし裏の方に行くとまだまだ雪かきがされていないところも多々ある。

たとえば、この間行った車両登録証書き換えの窓口。

窓口方面に行こうとすると腰の高さほどの雪の壁が・・・・。見えにくいが、薄灰色の矢印のように一本道をたどっていかないと先に進めない。
DSC02153.jpg

雪壁の間の通路は上から見るとこんな風。
DSC02154.jpg

足一本分しか空いてないやんけ --; まさに自然に踏み固められたけもの道。

モスクワに比べてまだまだ雪かきの人手が足りんねぇ。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

晴れて冷えて

カテゴリー: 天候

先週は一時期の寒さが大分緩んだピーテル。予報では「週末寒くなりますぜ」ということだったのだが、ふたを開けてみればマイナス5度前後。全然大したことないじゃん・・・・と高をくくっていたら、やられました。二日遅れで再び寒波襲来 ^^;

月曜から火曜にかけて、15度ほどに冷え込みました。おかげで昨日から本当に久しぶりの晴れ間なのだが。

午後2時前の風景。その時は「久しぶりの晴れ間で空がまぶしいなぁ」と思っていたのだが、改めて写真見なおしてみると・・・・暗い。まだまだ冬やなぁ。
DSC02160.jpg

しかし、夕方5時半はこんな夕暮れが。
DSC02162.jpg

うん、やっぱり日が伸びてる。ちょっと清々しい気分になった冬の夕暮れなのであった。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

またまた車両登録証更新

カテゴリー: 地元の暮らし

ロシアの場合いろんなものがビザの有効期限と連動している。ビザが更新されないと各種書類の有効期限も延長されないのである。たとえば私有車を持っている場合の自動車登録証。去年の7月に更新したばかりなのだが、この間ビザの更新をしたのでそれに伴ってもう一度更新なのだ。ああ、面倒くさい。

ビザももう少し余裕持って出してくれると自動車登録証の有効期限内に切り替えできるんだけどねぇ。いつもどうしてぎりぎりになるまで出してくれんのか。もうちょっとなんとかしてくださいよ >ロシアの関係機関の方々

登録証更新のやり方、基本は前回と同じなのだが変わった点が何点か。

・6番窓口の代筆料が1,000ルーブルに値上がり。ただし書類提出窓口(2番)での優先提出権(笑)つき。
・検査場がその辺の道路ではなくアタマンスカヤ通り5番地にある車検場に移っていた。
・手数料支払いのズベルバンクもアタマンスカヤの車検場の中にあるので、支払いのためにいろいろ回る必要がなくなった。

代筆はいずれにせよしてもらわないといかんので、外国人が自分で自動車登録証の更新をする場合(とはいえ、自分で更新する人はあまりいませんよね ^^;)には否応なく優先提出権が付いてくるのだが、このルールがほかの書類を出す人たちにも知れ渡っているとは限らないので、「何だよこいつ、横入りして」という冷たい視線も浴びることもある。ちょっと居心地が悪いのである。

6番窓口で代書してもらったら、アタマンスカヤに行く前に2番の窓口のおばちゃんに「6番窓口で書いてもらったから」といって、順番ノートに記帳してもらうことが必要。これがないとアタマンスカヤから戻ってきたときに優先受付してもらえないことも。

アタマンスカヤですべてのプロセスが統合されているなど、全体的にシステムが洗練されてきたような気がする。まぁ代筆料の値上がりも、純粋なサービス料なのか手数料ビジネスなのかという議論はあるかもしれないが、いずれにせよ利用しなければならない身としてはサービスの対価として捉えている次第である(笑)。

ホントは手数料ビジネスかもしれないな・・・・と頭の隅でちょっと思いつつ ^^;


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

冬の夜 in レストラン・マカロフ

カテゴリー:

ロシアの家庭料理、という感じだった「マカロフ」。久しぶりに行ってみた。行ってみたところ・・・・結構値上がりしてました ^^; 何となくテラッサ並み。おちおち行けんようになってしまった(笑)。

量的には日本人にはちょうど良いのだが、ロシア人には物足りないかも。家庭料理から少しスノッブに路線変更か?味は相変わらず良いので、その点は問題ないのだが。

冬の時期なのでこんな季節メニューも出ている。しかしここでも赤い服だ・・・・。


今の時期、特に明かりを落とし気味にしているのか中はこんな感じ。ロシア人は薄暗いの好きだし。
DSC02151.jpg

DSC02152.jpg

落ち着いた雰囲気ではあるのだが、実は奥に子供のプレイルームがあるので、時々そこからどたばたと子供が出てくることもあるのだが。

まだまだ雪の残るピーテル。窓の外はこんな感じの雪景色。
DSC02150.jpg

近くのプレオブラジェンスキー教会も雪と霜に覆われている。露出がうまくとれず教会の方は色が飛んでしまった・・・・orz
DSC02148.jpg


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ボッサムがうまい

カテゴリー:

最近の我が家の外食ブームの中心は韓国飯の「味家」。

中でもお気に入りはこのボッサム。
DSC02147.jpg

茹でた豚肉を白菜キムチやちょっと塩ゆでした白菜でくるんで食べる。白菜キムチは通常のものより甘みが強いので、ついつい食べ過ぎてしまう。一緒についてくる大根の千切りキムチ(塩ゆで白菜用)も美味。

唯一の難点は、量が多いので一人では食べきれないこと、二人でもこれでほぼお腹いっぱい。

ということで、どなたかボッサムを一緒に食べに行きませんか(笑)。

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
read more...

サンタか、ジェッド・マロースか

カテゴリー: ひと

ロシアのクリスマスも終わってしまったのでやや時期遅れのネタなのであるが・・・・。

日本でクリスマスといえば赤い服を着た白ひげのサンタクロースが定番。一方ロシアでは「ジェッド・マロース」という、日本語にすると「寒波おじさん」とか「極寒おじさん」というのがお約束のキャラなのである。

で、その寒波おじさんなのだが、私の頭の中のイメージでは「青い服を着ている」というものだったのだが・・・・今年はなぜか青い服が一人もいない。WikiとかYandexで引いてみても見事なまでに赤い服ばかり。青い服はどこに行ったのか?

知り合いのロシア人に聞くと「昔から赤い服もいたけど、今年は確かに少ないねぇ」という返事。

年末に街角で見かけた寒波おじさんも赤い服。
DSC02112.jpg

ちなみに隣にいる水色の服は「スネグーロチカ(雪娘)」というこれもロシアのクリスマスにお約束のキャラ。二人でワンセットなんですな。年末年始の営業にでも行ったのだろうか。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

ツララが更にスゴイ

カテゴリー: 天候

寒さが続く今年、ツララも順調に育っております ^^;

こちらの家は滝のように4段になって落ちている。
P1090103.jpg

衛星テレビのアンテナもこんな風に氷に覆われてしまう。ちゃんと映るのか?
P1090104.jpg

サメの歯のように鋭利なツララが密集。下は怖くて歩けない。
P1090108.jpg

こっちのツララも見事なのだが、右端のが涎みたいにつつーっとなっているのが何となく微笑ましい。
P1090106.jpg

良く見ると窓にもなぜかツララが張りついてるんですが・・・・何故?
P1090107.jpg

大きくなってくるとさすがに危ないので、所々で屋根の上に上がってツララを落とし始める。落としたものを間近で見るとかなり大きい塊。これが当たったら怪我じゃすまんわ。
DSC02141.jpg

屋根の上で作業する人は命綱をしている。確かに滑りやすいのだと思う。本当にご苦労様です。
P1100173.jpg


ツララ落とし作業中は下を通れないようにテープを張っておくのだが、そのままにしておくとこういう状態に・・・・。
DSC02142.jpg

ツララの育つ速さ、あなどれません。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

雪かきが甘い街

カテゴリー: 地元の暮らし

ピーテルとモスクワで違うと思うことは多々あるのだが、雪かきもだいぶ趣が異なる。

モスクワの場合、少なくとも中心部は雪が降り始めるとどこからともなく雪かき隊が現れて、車道の雪を掻き上げダンプに乗せてどこか得運んで捨ててしまうし、歩道や裏道も結構頻繁に雪かきの手が入る。

ところがピーテルの場合、結構雪を積み上げっぱなし、というのが多い。

歩道の場合、歩道の一部が掃いてあっても残りの雪は脇に積んでおくとか・・・・
DSC02143.jpg

駐車場も雪を奥の方に押し込んでおくだけだとか。
DSC02136.jpg

公園の歩道がこんな感じなのは仕方ないかな。
P1060108.jpg

でもベンチの周りだけ結構しっかり雪をよけているのは笑える。この寒い中、腰かけてご歓談?
P1060111.jpg

テラッサのオープンテラスは今の時期仕方ないね。しかし、雪が溶けたら掃除が大変そうだ・・・・。
DSC02138.jpg


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

霧の夜、氷る朝

カテゴリー: 天候

昨日の夜のこと。街の中心部が突然霧で覆われた。

写真がぼやけているのは手ブレやピンボケではありませn ^^;


急に気温が下がって、大気中の水分が結露したようだ。これもピンボケではありません(笑)。
DSC02144.jpg

風がなかったので朝には樹氷が見られるかなと思っていたら・・・・見られました。
P1100141.jpg

ロシア美術館裏のミハイロフスキー公園
P1100110.jpg

マルス広場から血の上の教会を望む
P1100169.jpg

夏の公園脇の白鳥運河。改修のため閉鎖中の夏の庭園もこうしてみるとまだまだきれいだ。
P1100167.jpg

12時現在の気温はマイナス13度前後。日中の方が気温が低く20度くらいまで下がるという予報が出ている。これだけ冷えるとしばらく樹氷も残りそうだ。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

正月休みの過ごし方-スキーをする

カテゴリー: レジャー

今年は雪が多いので、いつでもどこでもスキーができるのである。ただし・・・・ロシアスキーという場合、通常はクロスカントリーのことなのである。

豪雪の今年は市内の公園でも十分スキーができるので近所の人が三々五々滑っている。

おじいちゃんから・・・・


若い女の子まで。
P1060115.jpg

滑るというよりは歩いている感じだけれど ^^;

こちらは広いところをすいすいと滑っているおじさん。さすがにうまいですなぁ。しかし、ここは池の上。くれぐれも足元にはご注意を・・・・。
P1060120.jpg

雪が深いので、皆さんがスキーで滑るところにはレールのような溝がができている。
P1060122.jpg

子供は丘になっているところでそり遊びなのだ。
P1060123.jpg

・・・・いや、そりというよりは浮輪というかタイヤの中身のようなもの?最近はいろんな道具が出てますな。
P1060117.jpg

大人も一緒になって滑ってます。楽しそうやねぇ。
P1060116.jpg


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

雪の結晶

カテゴリー: 天候

ちょっと前のある日の夕暮れ時、車で町中を流していた時のこと。

フロントガラスにどこからともなくが飛ばされて落ちてきた。まだフロントガラスが温まっていなかったのか、結晶がくっきり。


P1030116.jpg

の粒はきれいなのに、車のガラスが汚れているのが残念だ。もっと頻繁に洗いましょう ^^;


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

正月休みの過ごし方-劇場に行く

カテゴリー: 観光

ピーテルといえば一年を通して劇場でのバレエ、オペラの公演が有名。長い正月休み、一度くらいは劇場に足を運んでみようと思ってチケットを買ってみた。

というわけでマリインスキー劇場のチケット。
P1060127.jpg

演目は本日のくるみ割り人形。やっぱり素人には分かりやすいのじゃなきゃね(笑)。
P1060128.jpg

で、チケットを買う時ふと思ったのだがなぜか今日の公演は3幕。普通は確か2幕だったのでは?

まぁ1幕多くてお得ではないかなどとのんきに構えていたら、なぜか出演者の年齢が異様に若いような気が・・・・・。何かオカシイと思いプログラムを見てみたところ・・・・どうもワガノワ・バレエ学校の生徒さんの公演だったらしい。

どうりでね。いろんな意味で納得です ^^;

内容はともかく、同じ演目でも当然といえば当然なのかもしれないが、さまざまな演出・振付があるということが分かったのである。いままでボリショイ劇場のくるみ割り人形しか見たことがなかったので。ドロッセルマイヤーおじさんっていつも杖持ってるもんだとばっかり思ってました。

マリインスキーの演出はどんなのだろう。次はマリインスキーの団員が踊っているのを見に行かねば。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

つららがスゴイ

カテゴリー: 天候

北日本の方にはそう珍しくもないかもしれませんが・・・・。

今年は雪が多く気温もそれなりに低いピーテル。となると、やはりつららも例年よりは多く、大きくなるのである。

P1030112.jpg

拡大するとなかなかの迫力ですな。
P1030111.jpg

こっちの建物なんかいたるところからつららが生え出してもうスゴイことに・・・・。
P1030118.jpg

真下から見るとギロチンのよう?
P1030119.jpg

少し気温が緩んでくると大きいのから落ちてきて危ないので、ふつうはこの程度まで育ってくると屋根に人が登って落とすのだが、何せまだこちらは正月休み。ほとんど作業がされていない。当然つららの下に「落ちてくるので危ないですよ」の警告や下を通れないようにするロープ(こっちはテープなんですが)が張られることもない。

昨日のニュースによれば、つららが落ちてきて携帯電話ショップの屋根のガラスが粉々になったそうだ・・・・。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

あるモノだけでできるかな

カテゴリー:

年をとるとともに、「和」なものというか東洋系の食材の使用が多くなることは前にも書いたような気がする。

正月の食事も、何となく和なものを混ぜてみたくなる。今は海外にも発送してくれるおせち料理パックもあるのだが、今年は頼みそびれたので基本的に正月用の料理はなし。しかし、何もないのも寂しいので、ちょっと作ってみた。今回の目標はここで買える食材でつくること。

イクラ醤油漬け
P1030106.jpg

味付けの基本は醤油6、酒2、みりん2というレシピが多かったので、その味付けでやってみた。安いイクラでもそこそこ食べられるようになるのがポイント(笑)。しかし、醤油はともかく、酒、みりんは厳しいなぁ(今回は日本から持ってきたものを使用)

紅白なます
P1030104.jpg

大根も人参も普通のスーパーで買える。酢はみりん同様日本から持ってきたものを使ったが、いざとなればリンゴ酢でもワインビネガーでも作る気になれば・・・・やっぱ無理かな?値段を考えなけれなミツカンのお酢も最近出回り始めたので、ここで買える食材で作れなくはない。

ピーテルも少しずつ日本食材が増えている。うれしいことではあるのだが、値段高すぎるのでほとんど買わないのである。だれか買ってますか?>ピーテル在住者の方

ということで、結局ここにある食材だけでは作れないという結論 --;

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

正月の過ごし方-映画館に行く

カテゴリー: レジャー

いまは日本もそうだがロシアでも正月早々からいろいろな所が営業している。ショッピングセンターも、スーパーもレストランも。どこも結構そこそこ人が入っている。確かに家でテレビ見ていても歌謡番組とか古い映画ばっかりでつまらんといえばつまらんのかもしれない。

で、ピーテルで越冬する我が家だが、そこそこ暇を持て余してきたので映画で見見ることにした。市内中心部にはいくつか映画館があるが、今回行ったのはセンナヤにある「PIK」という所。いわゆるシネコンですな。全部で8つのホールでいろいろな映画をやっているのだ。

結構な人出で券を買うのに行列。


お目当ての少人数のVIPホールはすでに売り切れで買えなかったので、もう少し大きめの7番ホールの券を購入。しかしここも残りわずか。結構人来てるのね・・・・。ちなみに券はこんな感じです。今回は4列目の14番席。
P1020136.jpg

正月2日の夜の上映でにも関わらずお値段は260ルーブル(約800円)。普段はもう少し高かった気がするのだが・・・・何かの割引?

見たのはシャーロック・ホームズ。あ、これまだ日本ではまだ未公開なのね。

ロシアの場合外国映画は大体ロシア語吹き替えになってしまうので、正直3分の1も分かればよい良い方なのである。とはいえ、英語で台詞をしゃべられても聞き取れないし、ロシア語の字幕だされてもそんなスピードで読めるわけもないので、ロシア語の吹き替えの方が比較の問題でまだマシか ^^;

大画面の迫力、音響効果、快適な座り心地の椅子。そして肝心の映画の中身。話の筋は申しませんが、台詞がわからんでも結構楽しめました。時間が過ぎるのも全く気にならず、ということはなかなかストーリーが良かったのかも。たまには映画館で見るのもいいやね。

で、思い返すにロシアで映画観たのってタイタニック以来。結構なブランクだ(笑)。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。