スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

中身はきちんと切ってほしい

カテゴリー:

シュトーレで時々お持ち帰りをするのだが、お気に入りはアップルパイ。中はこんな感じ。生のりんごが細切れで詰まっている。
DSC00753.jpg

が、時々こんなものも。
DSC00755.jpg

ちゃんと切ってくれよ - -")


スポンサーサイト

石畳の風景

カテゴリー: 地元の暮らし

散歩をしていると時々、突然昔っぽい風景に出会うことがある。

アスファルトに覆われた歩道の脇に、石畳の一部が残っていた。昔はこういう風景が多かったんだろうなと想像してしまう。
P8230002.jpg

車だけだと多分気づかないなぁ。

ディーゼルより安いガソリン

カテゴリー: 交通

ガソリンの値上がりはロシアでも相変わらずだが、今日は別のネタ。

日本だとレギュラーの方がディーセルよりも高いと思うが、ロシアはそうでもない。写真の上から98(日本で言うハイオク)、95(微妙だけどたぶんレギュラーの中間)、92(質の低いレギュラー?)、80(・・・・)となっている。一番下はディーゼル。


前にも書いたが、ディーゼルより安いガソリンってどんなのよ?特に80。古いロシア車も大概は92どまりなのだが。

CISとグルジアの旗

カテゴリー: 建築

ピーテルには独立国家共同体(CIS)の議会間総会の建物がある(CIS執行委員会はベラルーシのミンスク)。このほか、ユーラシア経済共同体、CIS集団安保条約の議会間総会も同居。
P8230024.jpg

国際機関の建物なんだからもう少し綺麗にしたらいいと思うのだが・・・・。

建物自体は元貴族の館。・・・・なのだが・・・誰の家だったでしょうか?
P8230022.jpg

南オセチアのことでCIS脱退を決議しグルジアの旗もまだ上がっている。手続きはどうなっているのかな。
P8230013.jpg

落ち葉

カテゴリー: 天候

最近、再び秋の気配が濃くなった。ロシア人に聞いても「もう暑くならないね」と言う。

道にも木の葉が落ち始めた。


曇りがちだと朝も暗い。季節は急ぎ足で秋に向かうようだ。

子供の誕生会はレストランで

カテゴリー: 地元の暮らし

ピーテルではレストランやカフェに子供用のプレイルームがあるところが結構ある。そういうところでは大概、子供の誕生日なんかを店で演出している。

昨日のエントリーのトレス・アミーゴスもやっている。昨日は昼過ぎに1件、夕方前に1件、という感じ。昼の部が終わってただいま次の会場準備中。
DSC00759.jpg

で、子供の誕生日は親の方が神経質になるのね。お父さん、先に来て待ってますが外で何かとそわそわしている。
DSC00760.jpg

ちょっと前まではマックでお誕生会がオシャレ!だったのだが、時代はどんどん変わるようだ。

お得なメキシコ料理

カテゴリー:

ルビンシュテインにあるトレス・アミーゴス。モスクワでは行きつけのところがあったのだが、ピーテルではメキシコ飯は初めて。

で、スープはガスパッチョを頼んだのだが、これってスペイン料理だったっけ?
DSC00756.jpg

メインはチキンのブリトー。セブンイレブンのようなのを創造していたら(店に失礼だな)、かなりでかいのが来た --;) 写真だと分かりにくいが、直径10センチはある。
DSC00758.jpg

お値段は安いと言うほどではないのだが、何せ量が多いので極めてお得感は高いのだ。あぁ、やっとハズレの連鎖から開放された ^^)

はずれレストラン連発

カテゴリー:

最近、ハズレなレストランカフェに立て続けに当たっている(涙)。

一つ目。キーロチナヤ通りにある「C」。


デザートはまぁまぁなのだが、メシが極めて微妙。懲りすぎ?お茶だけしてもいいのだが、狭い店内でタバコの煙が立ち込めるので、多分次に行くことはない。

二つ目。メトロ・チェルニシェフスカヤ駅近くの「P・K」。
DSC00735.jpg

内装はすごく凝っていてお洒落なのだが、そこで資金が尽きてしまった感じ。食器は無地のものばかりだし、トイレも今時の新しいカフェでは珍しく、ソ連時代の雰囲気。料理も、サラダは野菜切ってサラダ油がかかっているだけと言う、今時スタローバヤでさえお目にかかれない代物が出てくる。

これで200ルーブル(約900円)かよ。 - -")

何よりもいただけないのは、ケチャップが45ルーブル(約180円)すること。ここももう行かない。

三つ目。市内にいくつかチェーン店のあるステーキハウス「M」。

ひょんなことでお昼のビジネスランチを食べるハメになったのだが、あの薄っぺらなポークステーキで350ルーブルですか?味も特徴ないし・・・。ひょっとしたら普通のステーキならおいしいのかもしれないが、値段だけ見るとストロガノフと変わらないので、肉が食いたくなったらきっとストロガノフに行くだろう。

ちなみに、このお店はすべて「St. Petersburg in your pocket」に載っていたところ。ハズレもあるのね。

郊外の不動産開発

カテゴリー: 建築

先週、仕事の関係でピーテル郊外の不動産開発現場の起工式に行ってきた。

ビジネスセンター、スポーツセンター、オフィスビル、ショッピングアーケードなど、「多機能コンプレックス」だそうだ。
DSC00741.jpg

ミニチュアモデルはこんな感じ。古い工場跡地の再開発で、元のレンガ作りの建物も残しつつ、それと調和の取れた新しい建物を立てるそうだ。
DSC00744.jpg

市役所も力を入れている案件らしく、マトビエンコ市長も来て挨拶をしていた。もうすぐ還暦なのに、豹柄のスーツがお似合い。
DSC00743.jpg

完成は2012年。それまでロシアの不動産、好況が続くかな?今の調子で行けばすぐに完売するだろうけど。

蒸し暑い1日

カテゴリー: 天候

つい数日前、すっかり秋の気配などと書いてしまったが、今日は異様に暑かった。暑いというより蒸し暑い。

日本の比べればまだましなのだろうが、今年の涼しい夏に慣れきった体にとってはそれでもキツイ。

最近夕立ちが多かったのでそのせいかとも思ったが、どうもそうでもないらしい。朝は曇りがちだったが、昼前からは日が出てきてまるで日本の梅雨のようなじめじめ具合。なんでこう急に暑くなるのか全く分からん。

夜8時にはなんと30度!今年一番の暑さでは?

うへ~たまらん。明日以降は最高気温は20度前後になるようだが・・・・さて?

ランド新装開店

カテゴリー: 天候

地下鉄ウラジーミルスカヤ/ドストエフスカヤ駅そばあるスーパー「ランド」。市内中心部にはあまりこういったスーパーがないが、ここは値段が高いので普段はあまり足を運ぶことがない。ただ、オーケイまで出かけるのが面倒なときなどはここで買い物してしまう。

このスーパー、しばらく改装工事だったのだが、8月から新装オープンした。で、行ってみるとかなり売り場が拡大していて、品物も充実。高いのは相変わらずですけどね。

で、やたら目に付いたのが日本製品。赤ちゃん用シャンプー、入浴剤。
DSC00707.jpg

洗顔剤や歯磨き液。
DSC00708.jpg

そして襟の汚れ落しまで。ママレモンはともかく、部分汚れ落としなんぞ売れるのか?
DSC00709.jpg

ロシアでこんなもんを見るとは思わなかった。まぁ日本のはよく汚れが落ちるからねぇ。

家庭雑貨で言えば、あとはサランラップが出てくれば言うことなし。ヨーロッパ製のはなんでこう粘着力がないのか。

夕立ちと虹

カテゴリー: 天候

昨日夕立ちがあった。天気雨だったのに大降り。大きな虹が見えた。

DSC00738.jpg

見事。

穀物価格の高騰が・・・・

カテゴリー: 地元の暮らし

こんなところにも影響しているという話。

時々いっている某レストランでのこと。ここはいつもパンの入ったバスケットが出てくる。有料なのだが、パンの味がいいこと、ハーブ入りバターが気に入っていることから毎回頼む。

で、久しぶりに行ったら・・・・パンが薄い。
DSC00732.jpg

比較する写真がないのでアレだが、前に比べて厚み(写真で言うとパンの断面の部分)が半分。値段を上げると客足が遠のくので、量を減らして実質値上げという選択らしい。

日本でもそんな話がありましたね。

ラトビア料理の店

カテゴリー:

Whereと並んで普段から愛読(笑)しているガイド雑誌「St. Petersburg in your pocket」で見て行ってみた。店の入り口にはネコの看板が。
DSC00689.jpg

盗まれないように鎖でつながれていますが・・・・。

バルト海方面には行ったことがないので、どんな料理か想像もつかない。なんとなくロシア料理とドイツ料理の混じった感じかなぁ。で、結局頼んでみたのはスペアリブ。ソースは塗っているのではなく、軽く燻製にしたのを焼いてある。
DSC00688.jpg

美味いです。別についてきたソースも、見た目普通のBBQソースだったが味は結構複雑。手がかかっていそう。

これはメインを頼むとついてくるおまけのドリンク。


バリザム(バルト海沿岸地域からロシア北西に掛けて特産の薬草を浸したリキュールにとハチミツを混ぜた飲み物)とレモンジュースのカクテルだそうだ。バリザムって最近すっかり忘れていた単語だけど、昔はどこのお土産屋にもあったなぁ。

ビヤホール・ティンコフ

カテゴリー:

モスクワでは何回か行ったことがあるのだが、ピーテルでもようやく見つけた。アドレスは利いていたのだがまさかこんなに目立たない入り口とは・・・・。何か普通の建物の入り口と変わらないんですけど。
DSC00660.jpg


カザンスカヤの通りは数え切れないぐらい通るのだが、車で脇を通るだけではこの看板は見つけられなかった。
DSC00662.jpg

1mのソーセージとかおいしかったので、夏が終わる前に行ってみよう(と言いつつ、もう夏も終わりの感じなのだが)。

日本製の血圧計

カテゴリー: 地元の暮らし

薬を買いに薬局に行ったところ、血圧計のデモ機があった。


日本製、ホンモノらしい。漢字でそう書いてあるし。
DSC00697.jpg

しかし、一番右の「ストレスメーター」って何ですか?この街でストレスってあるの?

南オセチアで戦争が

カテゴリー: 日々の徒然

ピーテルの話題とは全く関係がありませんが、ロシアとグルジアの間で宣戦布告なき戦争が始まりました。

南オセチア(国際法上はグルジアの領土、とはいえ実行支配がされていない半ば独立国)での戦闘です。ロシアのニュースはグルジアが南オセチアに侵攻し、平和維持軍であるロシア軍も攻撃されたと報じています。

その一方、欧米のマスコミもざっと見たところではグルジアが先に拳を下ろしたような報道が多いように思います。

自分としては何もできませんが、せめて早く停戦が実現し、被災者ができるだけ少なくなることを祈りたいと思います。

早くも秋の風景?

カテゴリー: 地元の暮らし

気温も上がらずすっかり秋の気配のピーテル。中心部をちょっと離れるとこんな風景に出くわす。


ナナカマドの木である。完全に色づいていないオレンジのものもあるが、既に熟して真っ赤になっているものもある。
DSC00702.jpg

あぁ、今年は本当に夏がなかった(涙)。

高級ビジネスランチを食べてみた

カテゴリー:

今年は飛び飛びの夏休み。旅行にも行けない。せめてもの贅沢で、ビジネスランチめぐりなどしてみた。

この前行ったセビージャでもビジネスランチをやっている。正直、お値段が無茶無茶高いのだが、たまには贅沢もよかろ。雰囲気ゆったりしてるしね、時間をかけてのんびり食うにはよろしいかと。

メシ自体は「朝食の残り?」というような種類と品数だったが、味付けが無茶無茶よろしい。ロシアに来てこんなうまいバイキングは初めてかも。肉も柔らかい。普通はこういうところの肉ってパサパサなんですが、マジうまいです。

メニューで選んだら絶対眼が飛び出るほど高いと思うのだが、そのうち一手みたいなと思わせる味付けである。

で、ここのビジネスランチにはコーヒーか紅茶がついてくるのだが、コーヒーにミルクをつけてくれと頼んだところ、こんなピッチャーが出てきた。普通コーヒーカップと大きさが逆でしょ?


このカップの大きさだとカフェオレが4杯はできます。

ここの唯一の難点はデザートがまずいこと。ビジネスランチにもケーキがついているのだが、これは撮らないほうが無難。メシはうまいのになぁ。残念。

スタバご当地タンブラー(モスクワ)

カテゴリー: 土産物

昨日のエントリーで書いたモスクワのスタバでの買い物。
DSC00669.jpg

前回買ったもの(左側)とやや色が違うのはご愛嬌 ^^;

久々のモスクワで思ったこと

カテゴリー:

この間、ヤボ用でモスクワに行ってきた日帰りであわただしかったのだが、1年前とちょっと変わっていてびっくりしたことをメモメモ・・・。

1.モスクワ在住の方には既に旧聞だが、旧アルバートにスタバが2件もできていたこと。1件は90年代にドトールがあったとこだったかその隣、もう一つは昔アヤシイ日本飯屋があったところ。朝7時半からやってるって、ピーテルでは考えられん。

2.しかし、頼んだマンゴー・フラペチーノがしゃびしゃび。「そういうのはロシア人は頼まんからやめておくのが無難」とはモスクワのスタバ経験者の弁。早く言ってくれよ。

3.ガルブーシカで日本のアニメ専門店ができていたこと。フィギュアなんかが300ルーブル。高いの?安いの?

4.ガルブーシカでタイニ・スレッドストヴィヤ(RTRでやってるピーテルが舞台の捜査モノ)の第7シリーズを買った。なぜピーテルではどこを探しても売っていないのか?

5.トベルスカヤ通りとブリバールの角にあったアルメニア雑貨店がしまっていた事。つぶれたのか、移転したのか、ご存知の方いませんか?

スジの煮込み

カテゴリー:

肉の塊を買ってきたらスジが多かったので、その部分だけ切り取ってスジの煮込みを作ってみた。


煮込んだら縮むかと思って大きめにきってみたら、思いのほか縮まなかったので、一切れがかなり大ぶりになってしまった。

しかし、これだけスジがついている肉、ロシア人は普通はどのようにして食べるのだろう?

国営ジャズ・バー 再び

カテゴリー: レジャー

かなり久しぶりだが、ジャズ・フィルハーモニーに行ってきた。今回は「テーブル予約」ではなく「券を○枚ください」と言ったので、チケット売り場のおばちゃんの期限も損ねずにすんだようだ。

本日のバンドは・・・・・名前は忘れたが「今日はデキシーランドをやるぜ!」ということで、時間は短いものアップテンポの曲が多かった。構成はトランペット、トロンボーン、クラリネット、ピアノ、ドラムというもの。
P8020036.jpg

バンマスはトロンボーンの人だが、ボーカルも取ったりする。なかなかの美声。
P8020042.jpg

しかし、結構な御年なので自分のパート以外は休憩モード ^^;
P8020038.jpg

全体的には、パワフルで、ノリもよくて、ホールでで踊る人も前回よりかなり多かったような。

一緒に来た人の話では、クラリネットとピアノは前に別のバンドで聞いた事があったが、そのときよりずいぶん上達していたとのこと。

しかし、ドラムの兄ちゃんは絶対ヘルプだな。大体メンバー紹介のとき名前を間違えられるわ、叩き方がジャスにしては強いわ跳ねるわ、さらにはあのロン毛。

本業は絶対メタルだ。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。