スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ブログまとめ(美術館・博物館編)

カテゴリー: 観光

勢いのあるうちに作ってみました(笑)ブログまとめ第二弾は、観光都市ピーテルらしく博物館・美術館ということにしました。リンク先の各エントリー、写真はクリックすると拡大します。

この手の解説はいろんなガイドブックに書いてありますので詳細はそちらのお譲りしますので、こちらは超個人的な趣味のまとめということでご了承ください(^^;)

なおこちらは地図がついていませんが、気がむいたときにぼちぼち載せていきますのであまり期待しないでお待ちください。まぁガイドブックにも所在地や行き方は書いてあると思いますので・・・・。

1.エルミタージュ
 ・美少女画
 ・エルミタージュの猫
 ・青空とのコントラスト
 ・エルミタージュ友の会
 ・エルミタージュ友の会その後
 ・夜のエルミタージュ
 ・夏のエルミタージュは大行列
 ・死の天使

2.ロシア美術館
 ・個人的お気に入り(1)ロシア的風景
 ・個人的お気に入り(2)ヴァスネツォフ
 ・個人的お気に入り(3)ネステロフ
 ・個人的お気に入り(4)ヴルーベリ
 ・個人的お気に入り(5)赤いシカトゥールカ(漆塗りの小箱)
 ・私的マニアック・ロシア美術館(1)イコン
 ・私的マニアック・ロシア美術館(2)イワノフ「キリストの現出」
 ・私的マニアック・ロシア美術館(3)宗教画でないヴァスネツォフの絵
 ・私的マニアック・ロシア美術館(4)人が描かれていないスリコフの絵
 ・私的マニアック・ロシア美術館(5)レーピンの人物画
 ・私的マニアック・ロシア美術館(6)ポレーノフの描くロシアの風景
 ・私的マニアック・ロシア美術館(7)森を描く画家シーシキン
 ・私的マニアック・ロシア美術館(8)クインジーの描くウクライナ
 ・私的マニアック・ロシア美術館(9)グルジアの画家ピロスマニ
 ・私的マニアック・ロシア美術館(10)見つけにくいです。レーリフの絵

3.その他ピーテル市内
 ・皇帝陶器工場(ロモノソフ焼き)博物館
 ・ドゥエリ(プーシキンの決闘の場)
 ・イサク寺院(屋上からの風景)
 ・クンストカメラ(人類学・民族学博物館)
 ・動物学博物館
 ・地質探索博物館(1)
 ・地質探索博物館(2)
 ・地質探索博物館(3)
 ・地質探索博物館(4)
 ・スモリヌィ(1)
 ・スモリヌィ(2)
 ・ミハイロフ城

4.ピーテル近郊
 (1)ペテルゴフ(噴水公園)
   ・秋の風景(1)
   ・秋の風景(2)
   ・夏の風景
 (2)エカテリーナ宮殿(プーシキン/ツァールスコエセロー)
 (3)パヴロフスク
   ・秋景色
   ・雪景色
 (4)クロンシュタット(海のニコライ教会ほか)

5.その他
 (1)エマヌエル・カント教会(カリーニングラード)
 (2)ガイドブック
   もう売ってないかもしれませんが、これは重宝しましたね。ロシア語でしたが。
スポンサーサイト

ブログまとめ(レストラン編)

カテゴリー:

やるやる詐欺で長らく放置していたブログまとめ第一弾として、おそらく最も需要が高いと思われるレストラン編をあげてみました。

ジャンルは適当に分けてありますが、重複するところも多々あるので、ジャンルが重複する場合には両方載せてあります。また、記事は残っているものの、2012年4月にあちらを発つ時点ですでに閉店していたところは、こちらのまとめには載せていません。その点ご留意ください。


1.ロシア料理
  Baranka
  FermaA
  GINZA
  Na Zdorovie
  Terassa(1)
  Terassa(2)
  Terassa(3)
  Terassa(4)
  Terassa(5)
  Troitskii Most
  Sklad(Ware house) No.5
  Smolninskaya

2.旧ソ連民族料理(ウズベク、グルジアなど)
  Abkhazia(アプハジア)
  Aragvi(グルジア)(1)
  Aragvi(グルジア)(2)
  Aragvi(グルジア)(3)
  Baklajan(ウズベク/コーカサス)
  GINZA(ウズベクあり)
  Khutor Vodograi(ウクライナ)
  Na Rechke(ウズベク/コーカサス)

3.イタリアン
  Barbaresco 
  Cafe Itaria(1)
  Cafe Itaria(2)
  Entree
  Gusto
  Polenta
  Ryba(1)
  Ryba(2)
  Sardina
  Sklad No.5
  TESTO(1)
  TESTO(2)
  TESTO(3)
  TESTO(4)

4.フレンチ
  Bistro Galcon
  Entree
  Jan Jack
  Sup i Vino(Soup and wine)

5.その他ヨーロピアン
↓ウスターソースを振り掛けたタルタルステーキが食えます。
  Antrecot
↓タパス・バーなるもの。サングリア美味し。
  Bar Slona
↓行きにくいけどGINZA系の中では価格お手頃。味はさすがGINZA系。
   Baranka
↓変わり種ビールが飲めます。車がないと極めて行きにくいのが難点。
  Carl & Friedrich(1)
  Carl & Friedrich(2)
↓これといった特徴が描きづらいのだが、味、雰囲気、サービスどれも高得点。
  FermA(1)
  FermA(2)
↓文字通り魚料理。しかし味は・・・・(察してください)
  Fish House
↓ベルギービールの店。
  Kriek
↓超高級シーフード店。はっきり言って魚食うより肉(なぜかメニューにある)食った方がコスパはよいです。
  La mare
↓Terassa向かい。Terassaは高いかな~と思ったらこちらへ。
  Sharlot cafe(1)
  Sharlot cafe(2)
↓エリセエフ商店の地下にある、というのがミソ(というか、それしか解説しようがない)。
  Sklad(Warehouse) No.5
↓ビュッフェはある時期からがたっと味が落ちました。復活してるかな~。
  Sevilla(1)
  Sevilla(2)
  Sevilla(3)
↓ドイツ飯の店。ここでシュバイネハクセ食って動けなくなりました・・・・
  Shvabskii Domik
↓味よし、眺め良し、サービス良し。財布に余裕があるならぜひ。
  Terassa(1)
  Terassa(2)
  Terassa(3)
  Terassa(4)
  Terassa(5)

6.和食(もどき)
  Dve Palochki
  GINZA
  あとはTerassaでもロールが食べられます。味は値段に比例してそこそいけますが、巻きがちょっと緩いですかね・・・・

7.韓国
和食でまともなところがないので勢いタテ飯は韓国系に。味家は現代関係者御用達なのでピーテルでは一番本場に味に近いのではないかと思われます。
  Koreana(現Eastoriya)
  味家(Miga)(1)
  味家(Miga)(2)
  味家(Miga)(3)

8.その他
  Jai Hind(Indian)
  Mops(Thai)
  Stroganov Steak House(1)
  Stroganov Steak House(2)
  Tandori Night(Indian)(1)
  Tandori Night(Indian)(2)
  Tres Amigos(Mexican)(1)
  Tres Amigos(Mexican)(2)

9.カフェ・軽食
↓リーフティーが豊富なベジタリアンカフェ。カロリー低そうな甘味もあり。
  Botanica(Begitarian)(1)
  Botanica(Begitarian)(2)
↓イタリアンのところでも紹介してますが、甘味もイケます。
  Cafe Itaria(1)
↓カザン寺院の向かいで寺院を眺めながらお茶しましょう。
  Cafe Singer(1)
  Cafe Singer(2)
カフェ・イタリアの姉妹店・・・・というかこちらが発祥。ジェラートは正直味が落ちたかもしれません。
  Cafe Venezia(1)
  Cafe Venezia(2)
  Cafe Venezia(3)
↓イタリアンでも紹介。入って右手がビストロ・カフェ、左手がレストラン
  Entree
↓数えただけでも4号店まで増殖したパン屋さん。サンドイッチなどもあり軽食可。
  Galcon(1)
  Galcon(2)
  Galcon(3)
ロシア名物「ピロギー」(ロシア風パイ)の専門店。魚や肉、キャベツが入った主食系から甘~いデザート系まで種類豊富。スープやサラダなどもあり。
  Shtolle(1)
  Shtolle(2)
  Shtolle(3)
  Shtolle(4)
  Shtolle(5)
  Shtolle(6)
  Shtolle(7)
↓モスクワ発祥のビアホール。ロシア・ビールが飲みたい場合にはこちらへ。
  Tinkoff
↓一応「ベジタリアン」を売りにしているが、しかし真のポイントはそこではなく、ロシアの伝統的軽食堂「スタローワヤ」の雰囲気が味わえるところ(笑)。
  Troitskii Most
↓モスクワから来た高級パン屋。ドイツで修業したらしい。味は◎
  Volkonskii(1)
  Volkonskii(2)


お値段の方ですが、結構高いところも多いです。駐在、ということもあり振り返ると結構贅沢してましたね(--:) という感じでもあります。

ソチ五輪後にピーテルに寄って・・・・という人も多くはないかもしれませんが、もしお立ち寄りの機会があれば参考人あれば嬉しいです。ただ、ピーテルを離れてから閉店してしてしまったところもあるかもしれませんが、その際にはご容赦ください。現地在住者の方のフォローを期待 ^^;

まぁこうしてみるとどういう系統の料理が好きだったか改めてわかりますね・・・(苦笑)

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

この休み中に・・・という決意

カテゴリー: 日々の徒然

さて、1年以上放置プレイのこのブログですが、まとまるまとめると言っていながら何~~にもしていないわけでございます。

さすがに放置しっぱなしというのもなんなので、この休み中に何とかカテゴリーごとにディレクトリ形式でまとめたいと思います(新年の抱負。笑)

久しぶりに自分のブログにアクセスしました(笑)

カテゴリー: 日々の徒然

約3ヶ月ぶりの登場です(笑)

ご存知の方はご存知と思いますが、4月末に帰国していろいろバタバタしておりました。ということで随分空いてしまいましたのです・・・。

(しかしツイッターの方は結構つぶやいているという切がちらほら)

これから過去のブログのまとめをしていこうかな、と思っています。あまり期待せずに、時々アクセスしてみてください。


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

カリーニングラードの教会の中

カテゴリー: 観光

前回書いたエマヌエル・カント教会の中だが、現在はコンサートホールと博物館になっており、一般客も中を見ることができる。

この教会の見どころは、受付のおばさんによると2台のパイプオルガンだそうだ。こちらは入って右手奥にある小さいオルガン。
P3290023.jpg

そしてこちらは入り口の2階部分にある大きいオルガン。かなりデカイです。
P3290024.jpg

この教会のそのほかの特徴としては、もともと建てられた時はカトリックだったのだが、その後ルター派→ロシア正教と信徒が変わってきたため、3つの様式が入っている、という説明もあった。例えばこれはカトリックの懺悔をするスペース(というのだろうか)だそうだ。
P3290032.jpg

しかしよく考えたら、第2次大戦終戦まではドイツ領で、そのあとソ連崩壊まで再建されず、で92年以降は宗教施設ではなくなった・・・というのであればロシア正教の入る余地はどこに?(笑)

窓枠もこんな感じのステンドグラスがはめられている。全くロシア正教という感じがしない。
P3290027.jpg   
P3290028.jpg   P3290034.jpg

コンサートホールということだからであろうか、リヒャルト・ワーグナーの肖像も。ワーグナーも一時期この街で暮らしたことがあったらしい。
P3290038.jpg   P3290036.jpg

博物館の方はざっと見てきただけなのだが、等を上の方に上って展示物を見ていくというので少々疲れる(^^;)

3階だったか4階だったかに、なぜか日本の書家の作品が飾ってあったりして驚いたのが印象に残っている。
P3290041.jpg


  にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。